無気力更年期には「更年期うつ」といった言葉があるように、うつ病になる方も多いです。
ですが、鬱病に似ている症状を伴う病気もあり、一概に鬱病とは言い切れないこともあるので
おかしいな、と思ったら精神科・神経科・神経内科などを受診しましょう。
鬱病だと思っていたら、違う病気が発見されることもあります。

鬱病と似ている、または鬱病と紛らわしい病気の種類

そううつ病・パニック障害・PTSD
鬱病と躁鬱病はまったく別の病気です。
躁鬱病の場合には、気分爽快で活動的(または攻撃的)な時期とうつ状態の時期があります。
また、パニック障害・PTSDは鬱病と併発することがあり、専門医の受診が必要になります。

甲状腺疾患
甲状腺の病気は甲状腺ホルモンの分泌異常から発症します。
バセドウ病(甲状腺機能亢進症)や橋本病(甲状腺低下症)がよく知られる甲状腺の病気です。

慢性疲労性症候群(CFS)
慢性疲労症候群(CFS)とは原因不明の激しい全身の倦怠感や抑うつなどの症状が長期間続き、日常生活に支障をきたす病気です。
鬱病とは違い、日中の変動はありません。

更年期障害
ホルモンバランスの変調が脳に影響していますので、ストレス対策だけをしても解決・効果は期待できません。

>>更年期の不快な症状を改善する 更年期サプリメント一覧はこちら