更年期に差し掛かると、ほとんどの女性が不快な症状に襲われることが増えます。
更年期鬱も同様ですが、なりやすいタイプというものがあります。

更年期にうつになる?チェックしてみましょう

あなたはどうでしょうか?以下にあてはまる方は要注意です。

  • 生理の経血量が少なく、色も薄く水っぽい。
  • 生理中は疲れやすく、眠りが浅くなる。
  • 特に生理中は気分が落ち込みやすい。
  • 鬱気味で心配性。
  • つまらないことでくよくよしがち。
  • 物事をなかなか決断できない。
  • 感受性が高く、人の言葉に傷つきやすい。
  • 悩みやコンプレックスを常に抱えている。
  • 眠りが浅く、寝つきが悪い。
  • 現実的で嫌な夢を良く見る。
  • 動悸を感じることがある。
  • 舌にピリピリした痛みや痺れを感じることがある。

精神的な更年期の症状はつらいです

更年期 うつ上記に多く当てはまる方はとても注意をしてください。
このまま放っておくと、更年期の症状が最も重くなるタイプでもあるのです。

特に、精神的な症状が悪化する場合が多く、不安神経症やうつ病に発展してしまうこともあります。

このタイプは繊細で感受性が強いため、何事も自分の世界にこもりがちになります。
また、ちょっとしたことでも驚きやすく、動悸がするのも特徴ですので、心臓には何の問題もないのに、不整脈や頻脈が表れることもあります。

 

気持ちをゆったりと持つ生活を

半身浴寝る前の1時間はゆったりと過ごしましょう。好きな音楽を聴いたり、ぬるめのお風呂に入るなどしてリラックスすることが大切です。
寝る前はいやなことを考えず楽しいことを想像しながら寝るのも秘訣です。

血液を補う食べ物で心を安定させましょう。

自分の世界にこもらないようにしましょう。

寝る前に悲しいことや難しいことを考えない。上でも書きましたが、楽しいことを想像しながら寝ましょう。

夜更かしをしないようにしましょう。

>>更年期の不快な症状を改善する 更年期サプリメント一覧はこちら