20代、30代の頃はあまり気にならなかったけれど、
40代にさしかかるくらいからなんだか髪の毛の元気がなくなってきたな・・・
昔に比べて細くて薄くなってきた・・・
という女性が増えていきます。
「髪の毛を染めているから」「パーマをかけて髪の毛が傷んだ」といいますが、原因はそれだけではないのです。
40代にこそ抜け毛が増えてくる原因が2つあります。
それはストレスとホルモンバランスの崩れ。
この2つはどのように抜け毛に関係してくるのでしょうか。

ストレスは髪の成長サイクルを乱す

ストレスがたまると自律神経に影響を与えてホルモンバランスが崩れます。
その影響は全身に及ぶため、髪の毛にも同様に、髪の毛の成長サイクルを乱してしまうのです。
すると、髪の毛は正常に成長しなくなり、成長する前に髪の毛が抜け落ちてしまいます。
これが続くと、髪の毛の成長サイクル自体が短くなり、生えても短いまま抜け落ちてしまうため
どんどん頭髪が薄くなってしまうのです。

ストレスをためない生活、というのは現代社会の中ではなかなか難しいことではありますが
ストレスを解消できるものを見つけ、疲れやストレスをきちんと解消できるようにしておきましょう。

閉経に向かって女性ホルモンの減少とともに抜け毛は増える

日本人の平均閉経年齢は50歳と言われ、この前後10年間は「更年期」と呼ばれます。
早い人では30代後半から閉経を迎えてしまう人もいます。
閉経に向かって女性ホルモンの分泌は急速に減少し始めます。
それとともに抜け毛も増えて髪の毛自体も育ちにくくなり、薄毛になっていってしまうのです。

女性ホルモンを減らさないようにホルモンの分泌を良くする食品を摂るのもよいですが
それよりもまず、髪の毛の良い食品を積極的に摂るようにしましょう。

タンパク質・亜鉛を取りましょう

タンパク質(大豆など)と亜鉛(ミネラル)をきちんと摂るようにしましょう。
ごはんだけだったり、あるいはパンだけだったり、ダイエットのために野菜だけ食べる
「それだけ食べ」は髪の毛にももちろん体にもホルモン的にも良くありません。

タンパク質であれば、肉・魚・たまご・大豆製品がおすすめです。
特に大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用をもっていますので、できるだけ意識的に食べるようにしましょう。
亜鉛(ミネラル)はうなぎや牡蠣・アーモンド・海藻・納豆などに多く含まれています。

タンパク質・亜鉛を併せ持つ大豆は積極的に摂りいれるようにしましょう。

過度なダイエットはホルモンバランスを崩します

抜け毛が増えてきた、という人の中でとても多いのが「ダイエットをしている」という人です。
ダイエットをしていると同時に髪の毛が抜けやすくなった、薄毛になった、という女性も多いのです。

過度なダイエットは女性ホルモンをも減少させ、バランスを崩します。
すると女性らしい部分も減っていってしまうため、
肌はかさかさ、髪はぱさぱさになったり、抜け毛が増えたり。
見た目も痩せた、というよりも「老けた」という印象になってしまいます。

ダイエットはゆっくり時間をかけて行うようにしましょう。

健やかで美しい髪の毛を保つためには日頃からのケアはとても大切です。
40代以降は、抜け毛を増やさないように、日ごろからケア、食生活などをしっかりと見直しましょう。

>>更年期の不快な症状を改善する 更年期サプリメント一覧はこちら