40代半ばくらいから徐々に白髪が増え始める女性が増えますよね。

更年期だから白髪が増えてくるのはある程度仕方がないものの、
鏡を見るたびに白髪が増えると悲しくなりますよね~・・・。

私も最初に発見したときには、あぁ・・・ついに・・・
って思いました(涙)

komatta_woman急に白髪が増え白髪染め後ひと月過ぎる頃には次はいつ染めるかを考えて生活しています。苦痛以外の何物でもない白髪染めですがこれをしないと老婆のような姿になるので外出したくなくなります。年齢を思い知らされます。40代で老婆なんて悲しすぎます。
(40歳代女性神奈川)*当サイト実施アンケートより

こういう声も聞かれます。

なぜ更年期になると白髪が増えるのでしょうか?

更年期,白髪
髪というのは頭皮の中にメラニンが入り込むことで黒くなります。
肌が黒くなるのと同様ですね。

ところが年齢を重ねることで、この活動が衰えてきます。
すると、、、白髪が生えるようになります

加えて、女性ホルモンのエストロゲンの減少。
エストロゲンには毛髪のヘアサイクルを司る働きも行っているため
エストロゲンが減少することでどうしても40代以降は白髪が増えてしまうのです。

ということから、美容院で白髪染めをする方も少なくないですよね。
でも美容院での白髪染めって高いですよね・・・。
かといって自宅で染めるのは手間だし、冬は寒いし。
その点、ヘアマニキュアは手軽にできるので、比較的、おすすめかな~とも思います。

美容院、本当に高いですよね。
白髪染めに行く回数を減らすためにヘアマニキュアを利用している人も、おそらく多いのではないかと思います。

しかし、白髪染めもそうですが、染める・ヘアマニキュアで隠す。
いずれにせよ、頭皮に負担がかかるのは間違いありません。
頭皮によくないストレスがかかると、やはり薄毛につながるのは間違いありません。

白髪染めをすると、頭皮が痛くなる場合はアレルギーが考えられます

美容院で白髪染めをしたときに、【頭皮が痛い】【火傷したみたいにヒリヒリする
といった経験はありませんか?

ヘアマニキュアや白髪染めなどの成分にはエタノールとアミノフェノール、パラフェニレンジアミン(PPD)などの有害成分が含まれています。

エタノールは殺菌・消毒作用が強いため、人体には有害です。
またアミノフェノールは皮膚に対して刺激が強いため、アレルギー反応を起こしてしまう可能性のある成分。

さらに、白髪染めに含まれるPPDは黒い色に染めるほど使用量が多くなります。
更年期に白髪染めを・・・・と考えている方は、特に注意が必要です。
ホルモンバランスが崩れているため、化学物質での被害が起きやすい年齢でもあるのです。

ほかにはタール系色素も含まれています。
髪を染める染料ですが、旧表示指定成分で、アレルギーや皮膚病、発がん性などが疑われる色素です。
また、タール系色素は実は化粧品にも使われています。口紅やアイシャドーなどに多く、皮膚の弱い方は注意が必要です。
体調が悪いときは、お化粧するとかぶれる・・という方、おそらく多いかと思いますが、それにはタール系が理由の1つです。

白髪染めをするときに頭皮が痛くなるのは、上記のようなことが考えられるのですが
恐ろしいことに、一度、これらのアレルギーになると
そのアレルギーは一生消えることがありません。
(ジアニンアレルギーといいます)

白髪が増えて白髪染めをしたくても、ジアニンアレルギーになってしまったら
美容院での白髪染めはオススメできません。

頭皮の健康を考えたときに、人工物で染めるのは、やはり頭皮にも毛髪にもストレスがかかります。

白髪染めを安全・安心に行うためには

上でも書いたとおり、ジアミン系の染料はNGですから、非ジアミン系の白髪染めを使うことが一番です。

  • ヘアカラートリートメント
  • 植物染料のヘナ
  • お歯黒式白髪染め(非酸化染毛剤)
  • 市販のヘアマニキュア
  • 上の4つが非ジアミン系の白髪染めですが、欠点があります。
    ⇒よかったら続きをご覧ください。【頭皮が痛くて白髪染めができない