更年期以降の睡眠には悩まされている女性は多く、眠くて仕方がないのもその1つであるのですが、
更年期以降は睡眠の質と時間には注意が必要です。

というのも
8時間以上の寝過ぎてしまう睡眠を毎日摂っている人は記憶力や意思決定能力が下がり、糖尿病や肥満の原因にもなる
ということが研究から判明したのです。

更年期以降の睡眠には質と時間に注意が必要になります。

寝過ぎは危険因子??

女性自身
「秋の夜長はぐっすり眠りたい!睡眠不足が肥満や糖尿病につながることは有名ですが、実は中年以降は、寝すぎにも注意が必要です。イギリスのウォーリック大学の研究によると、長い睡眠は脳を老化させるが明らかになりました」

そう話すのは順天堂大学教授の小林弘幸先生。研究では、50~89歳の約9千人の男女を対象に睡眠と脳認知能力の関係を分析。すると、50~64歳では、睡眠時間が6時間以下の人だけでなく、8時間以上の寝すぎの人でも、記憶力と意思決定能力が下がることが判明したという。

「さらに、65歳以上で認知機能の低下がみられたのは寝すぎの人のみ。マドリードの大学病院とコロンビア大学が行った調査でも、60代、70代で9時間以上眠っている人は、6~8時間睡眠の人に比べ認知能力が倍近く低下していると発表されました」

更年期以降の長すぎる睡眠は心疾患や鬱症状の発症頻度も増加することもわかっています。

このような睡眠に関する研究は世界中で行われていますが、やみくもに長時間の睡眠がいけない、というわけではなく、睡眠の質が重要なようです。

ロングスリーパーの睡眠は効率が悪い

睡眠にはレム睡眠と呼ばれる浅い睡眠と
ノンレム睡眠と呼ばれる深い睡眠とがあります。

長時間眠る人も短い時間で熟睡できる人もノンレム睡眠の長さに関しては実は大差はありません。

しかし、長時間眠ってしまういわゆるロングスリーパーの人は総じて睡眠の質が良くない傾向があり「ほんと、よく寝るよね」と言われるほど長く寝ているかのような人でも実際は細胞の修復やホルモンの分泌が十分でないために結果、健康に悪影響が出ている睡眠不足の人と同じようなことになっているのです。

厚労省が昨年11年ぶりに改訂した「睡眠指針」によると、9時間以上寝床にいる人は9時間未満の人よりも中途覚醒を起こす割合が高いとしています。

さらに、8時間、9時間と横になっていれば、当たり前ですが血流が悪くなります。
長時間、体を動かさない状態は筋肉が緩み血管が拡張する状態になります。
それが過剰になってしまえば、当然、血流が悪くなり酸素や栄養素の供給も滞ってしまうのです。

寝過ぎると頭が痛くなった経験はありませんか?

休日などについ寝過ぎてしまい頭痛が起きてしまった経験はありませんか?
それは脳の血管が拡張し血管周りにある三叉神経を刺激してしまうことが原因で起こる頭痛なのです。
それと同じように寝過ぎて体がだるくなるのは、血流が滞るからなのです。

とはいえ、更年期くらいから良質の睡眠がなかなか摂りにくくなる人もいます。
・寝つきが悪い
・寝ても眠りが浅くて寝ている間に何度も目を覚ます
これらの結果、睡眠の質が悪い長時間睡眠になってしまう
という悪循環は更年期以降は増える傾向にあります。

良質な睡眠を摂るためには

本来、健康な人は睡眠時間は加齢とともに自然に減ります。
45歳では睡眠時間は6時間半くらいが望ましいのだそうです。

しかしそうもいかない更年期。
寝つきが悪い、眠りが浅いと医師に訴えると睡眠剤を処方されることもあるのですが
睡眠剤は眠りがとても深くなってしまい、昼間の生活に支障をきたすほど頭がボーっとしてしまうこともあるため、できるだけ睡眠剤には頼らないようにしたいもの。

できれば、寝る2時間前には入浴を済ませ、寝る前には心を穏やかに布団に入るようにしましょう。