閉経前後の更年期にさしかかるくらいから
女性の体は徐々に変化をしてゆきます。
更年期は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少することから
様々な不調が起こり始め、病気にもかかりやすくなります。

要注意!更年期以降の骨粗鬆症

その1つが骨粗鬆症です。
エストロゲンの分泌の減少から骨はスカスカになっていってしまいます。

更年期以降は骨にカルシウムを蓄えづらくなる

エストロゲンには女性らしい体つきやみずみずしい肌、つややかな髪などを作ってくれ、また調整もしてくれます。
そして骨を守る働きもエストロゲンにはありました。

骨も常に新陳代謝を繰り返しているものです。
破骨細胞によって古い骨からカルシウムが溶け出し壊れ、骨芽細胞により骨にカルシウムが蓄えられまた新しい丈夫な骨ができていきます。

更年期にさしかかると、エストロゲンの急激な減少から
破骨細胞の働きを抑えていたエストロゲンがなくなってしまいます。
エストロゲンには破骨細胞の働きをも抑える作用があり、
骨からカルシウムが溶け出すスピードと骨にカルシウムを蓄えるスピードのバランスをとっていたのも
エストロゲンが働いているからこそ、なのです。

更年期になると骨に蓄えられるカルシウムよりも溶け出すカルシウムのほうが増えてしまうため、骨はどんどん弱く、スカスカになってしまうのです。

このようなことから、更年期以降は骨粗鬆症になりやすい、といわれているのです。

骨のスカスカにはなかなか気づけないモノ

骨粗鬆症はなかなか自分で気づくことができないもので、何らかのことが原因から整形外科などに行って医師に告げられ始めてわかる、ということがかなり多いようです。

骨粗鬆症からの骨折骨粗鬆症がひどくなると圧迫骨折(骨が自分の体重を支え切れなくなり押しつぶされたもの)になりやすくなります。
徐々に起こるため、骨折しても気が付かないことも多いのです。

高齢になると背中が曲がってくるのはこのためです。
背中が曲がるために背が縮むだけではなく、心臓や肺が圧迫され、動悸や息切れや起こる、胃腸の調子が悪くなり胸やけが頻繁になる、とこのような症状があっても原因が骨粗鬆症とはなかなか気づけないもの。

そして、ある日突然、骨折をして骨粗鬆症とわかります。
骨折してからでは遅いため、日ごろからの注意が必要です。

お年寄りの場合には骨折⇒入院⇒寝たきり⇒認知症
となることも多く、たかが骨粗鬆症、と簡単には考えないことが大切です。

骨粗鬆症予防には

骨粗鬆症予防には定期的に「骨密度」を検査することが、まず大切。
現状の骨を把握することができます。
そして、更年期にはとっても大切な「生活習慣の見直し」です。

更年期から骨を作ることは難しいのですが、骨量減少のスピードを緩やかにさせることは可能です。

カルシウムを摂る!

骨粗鬆症予防に大豆骨にはカルシウム!です。
牛乳・乳製品・大豆製品・小魚・小松菜など野菜もバランスよく摂るようにしましょう。
納豆も骨粗鬆症予防にはよいですよ。
エストロゲンに似た作用を持つ大豆製品は骨粗鬆症だけではなく、更年期にも有効ですよね。

運動を心がける

ウォーキング骨に負担をかけるのは・・・と考えて運動をしないでいるとさらに骨が弱くなってしまいます。
骨に負担をかけると、骨は「強度を保たないといけないんだな・・」と判断します。
それにより骨量減少が抑えられます。

無理はしない程度でよいですから、日常生活ではなるべく、歩くようにしましょう。

タバコを吸う方は骨粗鬆症になりやすいため、禁煙するよう努力しましょう。
遺伝的傾向も骨粗鬆症は強いため、親が骨粗鬆症だという方は特に気を付けましょう。

>>更年期の不快な症状を改善する 更年期サプリメント一覧はこちら