肌・皮膚がかゆい、湿疹ができるといった場合も、更年期障害によって、女性ホルモンの分泌が低下することで、皮膚が弱くなり、刺激に敏感になることが理由に起こる症状です。

更年期障害だけではなく、年齢を重ねることによって、肌の表面にある角質層にあるバリア機能成分のセラミドが減ってしまい、水分を保つ成分も減少してしまいます。

スポンサード リンク

肌に必要なセラミドが減ることによって、肌が乾燥しやすくなり、これがかゆみを引き起こします。
そのため、部屋が乾燥しすぎている場合は、加湿器などで湿度を保つことも重要です。

お風呂から出たら、すぐにボディークリームなどを塗り、肌に水分を保つようにしましょう。
入浴後はタオルでゴシゴシするよりも、優しく水分を押さえるようにぬぐい取り、ボディークリームを塗りましょう。
しびれや震えは、自律神経の不調が招く症状です。
しびれ症状が心配なときは医師の診察を受けるようにしましょう。