更年期障害の症状の中でも代表的な症状が
「ほてり」「のぼせ」といった症状です。

このような更年期特有かつ代表的な症状を「ホットフラッシュ」といいます。

 

スポンサード リンク

ホットフラッシュ「のぼせ」といった症状は、頭に血が上ったような状態になることを指します。
その症状の出方は人によって様々です。

決まった時間にのぼせが起こる人、仕事を始めようとするとのぼせが起こる人、突然、何の前触れもなくのぼせ始める人など決まった形はありません。
ほてり」といった症状は、体がかーっとなり、体がほてり、顔が紅潮し汗をかきます。
ほてりの症状を持つ人は冬にもかかわらず、窓を開けたりして暑がる場合もあります。

更年期障害にみられる一般的な場合、顔の周辺に汗をかきやすい人が多いようです。
また、午前よりは午後この「ほてり」の症状が出やすいようです。

ホットフラッシュ・のぼせ・ほてりの詳細情報はこちら