女性は元々冷え性だ、という人が多くいらっしゃいますが、冷えは
更年期障害の症状のひとつです。
更年期障害の症状である冷えは、ホルモンのバランスが崩れて
自律神経の失調から起こる症状です。

スポンサード リンク

更年期に入る前の若い女性でも「冷え」の症状は多く見られますが、喫煙や食生活の乱れ、などが原因といわれています。
思春期の冷えの場合は更年期と同様「ホルモン」のバランスが
成長期によって乱れることが原因だと思われます。

喫煙が原因の冷えの場合は、血中酸素が喫煙することにより欠乏し、末端まで血液の循環がうまくいかなくなる血行不良と考えられます。
喫煙や食生活の乱れが原因の冷えの場合には「セルライト」ができやすくなります。注意してくださいね。

更年期の冷えの症状があまりにも強い場合には
心臓病や子宮筋腫などの病気が原因の場合もあります。
定期健診を必ず普段から受診するようにしましょう。