更年期に入ると、尿道や膣、肛門などを支える筋肉や尿道を開け閉めする括約筋の力が弱くなります。
尿が漏れないように締めている圧力が弱まると、腹圧性尿失禁になったりします。

更年期障害による症状のひとつである「尿漏れ」は女性にとっても深刻で、長時間、外出することも不安になったりする人もいるようです。

これは、咳やくしゃみをしたときや、重いものを持ったりしたとき、ジャンプしようとしたり、マラソンをしようとしたりするときに、一時的に腹圧がかかると失禁してしまうというものです。

これには、骨盤底筋を強化する体操をすることで改善したり、薬物療法を行ったりします。