膣の中は膣の粘膜にあるデーデルライン菌が自浄作用を持ち、常に膣の中を酸性に保ち、雑菌の繁殖を防ぎます。

エストロゲンはこの菌の栄養源となるグリコーゲンの分泌を促しています。

さらに、このエストロゲンは膣粘膜細胞の増殖を促し、膣をみずみずしく保つ働きもしていますので、これが足りなくなる事により、更年期になると膣が乾燥する感じがするのです。

エストロゲンの減少により、膣の中は雑菌が増殖しやすい環境にあるため、細菌の感染が起こりやすくなります。
エストロゲンの減少から起きる膣炎を「老人性膣炎」と呼びます。