薄毛と言うと、男性に起こるもの、と思っていませんでしたか?
そうではないのです。

40代過ぎて、髪の毛がパサつく、抜け毛が増えた。そんなことはありませんか?

女性も男性同様、老化現象から髪の毛が薄くなるのです。

初潮が起こり、出産し・・・と女性の人生の中で一番若く美しい時期には
女性ホルモンのおかげで髪の毛のツヤ、ヘアサイクルも守られていました。
しかし更年期になると、女性ホルモンが減少するため、当然、髪の毛にも影響が・・・。

TVCMなどでも女性用のウイッグを目にしますよね。
年を取ると薄毛に悩まされるのは、女性も男性も同じなのです。
更年期からぜひともケアしておきたいですよね。

髪にも変化が起こる!女性ホルモンと髪の毛の深い関係

私も友人とよく話すのですが

「髪の毛のボリュームが減って ぺったんこになる」
「洗髪後の排水溝をみると髪の毛がいっぱい>< 抜け毛の量が半端ない」
「髪の毛のつやがなくなっちゃって、パサパサ」

みんな40代後半になると、このような髪の毛の悩みを抱えています。

女性ホルモンであるエストロゲンは髪の毛を美しく維持し、健康な髪の毛を生やしてくれていました。
髪の毛の成長、頭皮のコラーゲンを増やす役割。髪の毛のハリやコシを与えてくれていたのもエストロゲンです。
しかし更年期になり、女性ホルモンが急激に減少開始すると髪の毛の変化は顕著に現れます。

やがて閉経すると、女性ホルモンの恩恵を全く受けられなくなってしまいます。
薄毛予防には今のうちからすぐにでも開始したいところです。
更年期から髪の毛の健康対策を始めてみませんか?
⇒よかったらこちらの記事もお読みください。「更年期には髪の毛がベタっとする、うねる、ぱさつく!早めに解消して美髪になりましょう

更年期から始めるべき「髪の毛対策」

更年期に心がけたいヘアケア。
まずはきちんと毎日ケアすること、そして髪の毛にとって良いことと悪いことを知っておくことが重要です。
お肌のケアと同様、今日から髪の毛対策を、始めていきましょう。

髪の毛によくないこと

  • 髪の毛の洗いすぎ
  • 頭皮の乾燥
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活やジャンクフードの食べ過ぎ
  • 喫煙習慣

上のような習慣がある場合、将来の薄毛が心配です。
薄毛には至らないまでも、髪の毛のハリ、コシを回復することは至難の業、と言えるでしょう。

まずは、一番影響を与えてしまうシャンプーの仕方を変えることです。
若いときと同じように、毎日シャンプーするのは
本来は髪の毛のためにはよくないんです。
私も更年期に入ってからは、2日に1度洗髪と決めています。
(汗をかいた時は別ですが)
シャンプーには汚れを落とすというメリットがありますが
同様に、髪や頭皮の水分も過度に奪ってしまうため、乾燥しがちになってしまうのです。

エイジングケア用のシャンプーやリンスを使うのも、おすすめです。

今から始めよう!髪の毛のための良い習慣とは?

  • 十分な睡眠を摂ること
  • リラックスできる時間をできるだけ持つようにすること
  • ひじき、わかめといった海藻からミネラルを摂る
  • 生ガキなどに含まれる亜鉛を含む食べ物を摂る
  • 豚肉などに含まれるビタミンBを摂ること

髪の毛のケア 大切なのは頭皮の血流を良くすること

頭皮は髪の毛を産み育てる大切な髪の毛の育成の場所です。
髪の毛の根元にある毛母細胞は、毛細血管から必要な栄養を摂りこむため、頭皮の血流が悪いと髪の毛は健康的に育ちませんし、維持もできません。

よく「アホ毛」という毛が生えてくる と言いますが
あのアホ毛は栄養不足な髪の毛の状態です。
更年期に入ると、このアホ毛がまた、増えるんですよね・・・。

頭皮が血行不良に陥ると、ヘアサイクルも短くなり
抜け毛が増えてしまいます。

頭皮の血行を良くするためには頭皮マッサージが一番。
シャンプーをする際に、指の腹側で頭を包み込むようにして
頭皮を持ち上げてくださいね。

ちなみに、頭皮が持ちあがらない方はすでに血行不良状態で頭皮が硬くなっている証拠です。
毎日、少しずつ、やさしくマッサージしてあげてくださいね。

濡れた肌・かさついた肌をマッサージするのはNG

濡れた肌やかさついた肌をこするのはダメージの元。
シャンプーするときは指の腹側から第一関節の部分を使って下から上へ指を滑らせる程度に。ゴシゴシはNG。

ミネラルを多く含んダ食品を摂りましょう。ひじきはオススメ。
ホルモンの働きをサポートする亜鉛はお米や生ガキに含まれますが吸収阻害が起きやすいので亜鉛のサプリメントがオススメです。