更年期の症状は自律神経からもきていることが多く、
ホットフラッシュ

  • 頭痛が持病になっている
  • イライラしやすい
  • めまいや立ちくらみがある
  • 不安感が常にある
  • パニックになりやすい
  • 何かいつも恐怖心がある
  • 耳鳴り、食欲不振、皮膚炎、生理不順、肩こり、息切れ、全身の倦怠感

といった症状は、更年期障害の症状にも表れやすいものですが
これらの症状は自律神経の乱れから生じることでもあります。

自律神経失調症といわれる症状

  • 頭・・・頭が重い、頭痛がよくある・頭痛が治らない
  • 耳・・・耳鳴り、耳の閉塞感
  • 目・・・涙目、ドライアイ、疲れ目、目が開きづらい
  • 口・・・ドライマウス、口の中に痛みがある
  • のど・・・異物感、圧迫感、イガイガする
  • 呼吸・・・息苦しい、息が詰まる、息ができない
  • 手・・・痛み、関節がだるい、しびれ、冷え
  • 皮膚・・多汗、汗がでづらい、冷や汗、皮膚の乾燥や痒み
  • 筋肉・・・関節がだるい、力が入らない、肩こり、痛み
  • 消化器系・・・食道がつかえる、異物感がある、吐き気、下腹部の膨張感、便秘、ガスがたまる
  • 心臓・・・動悸、めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動
  • 足・・・しびれ、冷え、ほてり、痛み、ふらつき

このように、自律神経に乱れが生じるとさまざまな症状があらわれるようになりますが
どこにどのように表れるのかは人によって個人差があります。
更年期障害の症状にも非常に類似しています

これだけさまざまな症状があるものの定番といわれる症状はなく
その人の生活習慣やストレスの程度・体質といった要因により異なるのです。

症状の現れ方も単独で出ることもあれば、2つも3つも関連性のないと思われるようなところにまで影響を及ぼすことがあったり、複数の症状が重複して出ることもあります。

自律神経の症状は基本的に「血の巡り」が悪くなる、低下することで
起こりやすい、といわれています。

自律神経の乱れは、なかなか自力で治すことは難しく
メンタルクリニックに通院する、薬を飲むということで改善されるかもしれませんが
根本的な部分を治さなければ 薬に頼る生活になってしまいます。
また再発の恐れも結構強いのです。

このようなことから、漢方の力の
白井田七はおすすめしたい漢方系サプリメントです。