更年期の方が気を付けたいものの1つが
高血圧」です。

高血圧と一口にいいますが、高血圧は血液が血管をとおる際に血管に異常に高い圧力がかかることをいいます。

生活習慣病の高血圧とは?

015847-272x300心臓が収縮し血液を押し出す瞬間は血管に一番圧力が強くかかります。
そして収縮した後に心臓が拡張するときに圧力は一番低くなります。
押し出した瞬間の一番強いときと拡張したときの力 両方とも「高血圧」といいます。

高血圧は自覚症状が初期のころにはないことが多く、また原因も「これぞ」というものがはっきりとしていません。
そのため、定期的に血圧を測定していないと高血圧を発見することは難しいのです。

高血圧を放置してしまうと、血管の硬くなる動脈硬化になったり、狭心症や心筋梗塞、脳卒中を引き起こすおそれがあります。
大動脈解離症もそうです。
大動脈解離症は時には大手術を行わなければ命に関わるおおごとになってしまうこともあります。

日本人は高血圧といわれる人がとても多く、約781万人もの人が治療を受けているそうです。

しかし上でも書いたように、高血圧の自覚症状は目立たないために長年かかってゆっくりとひそかに血管をむしばむのです。
放っておくと動脈硬化から心臓病や脳卒中を引き起こし、
最悪の場合、死に至るケースもあるのです。

高血圧の原因

高血圧の原因は現在のところ、はっきりとわかっていることは
「塩分の摂り過ぎ」「肥満」
です。

そのため、治療方法も塩分を控える、肥満を防ぐといった内容が多く
医師から高血圧である と診断された場合 1日の献立に塩分配分の指示をされるようになります。
(これがまた、大変でした。私ではなかったのですが)
高血圧になると、便秘などをした際にも血圧が上がってしまうため
便秘薬も出されますし、降圧剤も出されます。
これには血液がサラサラになる作用があるため、指を切る、鼻血が出るといった
ちょっとしたキズでもなかなか血が止まらなくなります。
これもまた結構 大変です。
足の悪い人がちょっとだけ指を切ってしまっても 血が止まらなくなり
歩けないために救急車を呼ぶ ということもあるのです。

高血圧の予防には

上記のとおり 高血圧となる原因ははっきりとわかっていないものの
効果的な予防の1つに 有酸素運動を定期的に行う というものがあります。

有酸素運動はダイエットにもよいといわれていますが、
有酸素運動は肥満予防だけではなく 血管を拡張し 血液の流れをスムーズにしてくれるため 血圧を下げる効果があるのです。

長期的に有酸素運動を継続することで血圧が下がってくるようです。

逆に筋トレは一時的に大きく血圧を上昇させてしまうため、血圧の高い人にはおすすめできません。

また肥満予防は高血圧の予防にもなります。

健康診断で腹囲を計測する検査がありますが、内臓脂肪型の肥満かどうかを調べているものです。
内臓脂肪型肥満も 当然高血圧に関与してきますので
体重だけではなく、腹囲に気を付けることも大切でしょう。

さらに、塩分を控えることも重要です。
高血圧が原因から入院することになると 病院食は塩分は制限を受けます。
しょうゆや塩の代わりにレモンやお酢を使った調味料になります。
これ結構食べてて飽きるんですよね・・・。
だからといって 家庭ですべて塩分を控えることは難しいものがあります。

日本人は塩分を食生活の中に多めに取り入れていること知っていますか?
お味噌汁やおしんこなどごはんの付け合せに出すものの中に塩分が高いものがあるので注意です。
また、お酒を飲む人はおつまみにも気を配りましょう。

さらに高血圧と言われてしまった人や血圧がちょっと高いといわれている方は
気温差に注意しましょう。
夏場はまだよいのですが、冬場に温かい部屋から廊下に出た瞬間や
お風呂に入ろうと思ったら風呂場が冷えている
ということから、血圧が収縮し血圧が上がることがあります。
冬場にお年寄りの方が救急車で運ばれる原因の中にこのことはかなり多いと
救急隊の方から聞きました。

このように更年期以降はさまざまなことに気を配らなければなりません。

血圧自体は薬で抑えることはできるのですが、
薬は使いたくない、予防したい、体の根本から改善したいという方には
白井田七の漢方系サプリメントがおすすめです。

一度高血圧と診断されると、薬が手放せない生活になってしまいます。
その前に予防したいという方にもいかがでしょうか。

公式サイトでも血圧の数値が改善した という報告もあります。

血液サラサラ、世界が認めた白井田七
更年期

>>更年期の不快な症状を改善する 更年期サプリメント一覧はこちら