プラセンタは更年期障害やアンチエイジングに効果が高いといわれています。
これは女性に嬉しい成分が2グループ含まれているためなのですが、
その2つは
・成長因子
・栄養成分

です。

プラセンタの有効成分

プラセンタとは英語で胎盤を示す言葉です。
胎盤は10ケ月の間、子宮内で未熟な胎児の内臓の代わりをしたり、免疫機能の代わりもしています。
さらに、酸素や栄養分を胎児に送る力もあり、万能能力を持っているのが胎盤です。

胎盤は産後、母体から排出されますが、人間以外の動物は母親が排出した胎盤を食べます。
これは栄養が多く含まれていることを本能的に理解しているための行為で
産後の母体のためにも動物は食べると考えられています。

この胎盤を洗浄し、消毒したあと分解し食用にできるものがプラセンタエキスです。

プラセンタの成分:成長因子

プラセンタについて調べてみると必ず出てくるキーワードが「成長因子」です。

成長因子というのは細胞にしたいして「増えていきなさい」と刺激を与える因子で、これが成長因子と呼ばれるものです。
プラセンタには上皮細胞組織、神経細胞、肝細胞、繊維芽細胞、免疫細胞などの細胞の増殖を促す因子が含まれています。

プラセンタに含まれる成長因子

成長因子
(グロースファクター)

HGF(肝細胞増殖因子)、NGF(神経細胞増殖因子)、EGF(上皮細胞増殖因子)、FGF(線維芽細胞増殖因子)、CSF(コロニー形成刺激因子)、IGF(インシュリン様成長因子)、IL-1(インターロイキン1)、IL-2(インターロイキン2)、IL-3(インターロイキン3)、IL-4(インターロイキン4)

これらの成長因子はプラセンタを製品化する際に熱や酸である程度分解されてしまいます。
しかし、分解された後でも残った分解物や前駆体のようなものが存在し、体内に吸収されたときに
成長因子かのような働きを行います。
このようなことが研究され、プラセンタの有効性が確認されているのです。

プラセンタの栄養成分

栄養成分は、聞いたことのあるものが数多く存在します。

アミノ酸・活性ペプチド・タンパク質・脂質・脂肪酸・糖質・ムコ多糖類
ビタミン・ミネラル・核酸・酵素

このようなものがプラセンタには含まれています。

アミノ酸・・・ロイシン、リジン、バリン、スレオニン、イソロイシン、グリシン、アラニン、アルギニンなど

活性ペプチド・・・薬理活性の中心である活性ペプチドが数多く確認されている

タンパク質・・・アルブミン、グロブリンなど

脂質・脂肪酸・・・コレステロール、ホスファチジン酸、ホスファーチジールエタノールアミン、ラウリン酸、パルミチン酸など

糖質・・・グルコース、ガラクトース、ショ糖など

ムコ多糖体・・・ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸など

ビタミン・・・ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシンなど

ミネラル・・・カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン・マグネシウム、亜鉛、鉄など

核酸・・・DNA、RNA、および代謝産物

酵素・・・アルカリホスファターゼ、酸性ホスファターゼ、ヒアルロニターゼ、アデノシン3リン酸など100種類近くが確認されている

実に多くの栄養成分が胎児の体を作り上げるために含まれていることがわかります。
活性ペプチドは特にプラセンタの効果において、とっても大切な役割を果たしているのです。

プラセンタの副作用と安全性

プラセンタは豚や馬の胎盤を原料にし作られています。
どんな食品にも言えることなのですが、個人の体質や、その時々の体調によっては
タンパク質に対して免疫反応をし、アレルギー症状が出ることがあります。

プラセンタを飲んでみて、肌の痒みや蕁麻疹が出た、という場合には一度飲用を中止し医師に相談してくださいね。

安全なプラセンタ製品の選び方

ネットの口コミや、価格だけでプラセンタ選びをするのは危険です。

良識あるメーカーのプラセンタは製造工程も滅菌し行われているため、安全性には問題はありません。
不安があれば、メーカーに問い合わせをしてから購入したほうがよいでしょう。
メーカーによってはホームページで製造工程も記載しています。
できれば微生物クリアランス試験、ウイルスクリアランス試験を行っていると開示しているメーカーのものを選ぶといいでしょう。

プラセンタをサプリメントで摂る場合、プラセンタエキス純末が100mg以上含まれているかいないかが重要です。
プラセンタエキスは液体で、純末はエキスを濃縮させた粉末です。
この粉末を固形化したもので純末が100mg以上含まれているものを選びましょう。