若い頃になかったのに
生理痛が40代後半の更年期にさしかかるくらいからひどくなってきた、という女性が増えています。

生理痛は個人差があるため、同じ女性でもわからない人もいて
なかなか理解してもらえないことも悩みとなっている女性も多いそうです。

ここでは生理の仕組みと生理痛の関係について触れていきましょう。

生理の仕組みとは

生理は女性の体のDNAに仕組まれている機能。
赤ちゃんはお腹に宿り十月十日胎内にいるといわれていますが
これは若干異なりますね。
妊娠した、ということがわかったとき、つまり予定の生理の頃に生理が来ず、
生理予定日の1週間から10日もすれば、現在の検査薬ではわかります。
その時点では大体「妊娠2か月」くらいです。
これは前の生理から今回の生理予定までの1か月を妊娠1か月目として
とらえられるためです。

生理には赤ちゃんのため子宮内の状態を整える働きがあります。

子宮内膜は赤ちゃんを宿した時に受精卵を柔らかなベッドで包みこんであげるためのもの。
受精卵が着床したときに居心地を良くするためのものです。
このベッドは毎月整えられます。
妊娠したことがわかると、用意されたベッドは不要になるため体外に排出されるのです。
そうです、これが生理です。

生理痛はなぜ起きる?

ふかふかのベッド状態になっている子宮内膜は妊娠していなければ
必要がなくなるため、少しずつ剥がれて体内に排出されます。
これが生理なのは前述したとおりですが、剥がれるときには出血を伴うため、生理には出血があるのです。
と同時に個人差はあるものの、子宮内膜が剥がれるときに起こる痛みが生理痛となります。

このときに子宮内膜症がある場合には別です。

子宮内膜症は子宮以外の場所にも子宮内膜が作られている病気です。
正常な子宮内膜は妊娠していない、と判断されれば自然と排出されます。
子宮内膜症の場合には他の部位で生理と同じ現象が起きても生理痛になります。子宮内膜症は激痛を伴い日常生活に支障をもきたしてしまうことが多々あります。

生理痛と女性ホルモンの密接な関係

婦人系の病気から起こる生理痛もありますが
ほとんどの生理痛のある女性は
特に病気ではないにも関わらず生理痛が重い
ということが多いのです。

ひどい場合には起きていることさえも困難となり、寝込んでしまう女性も少なくありません。
個人差はあるものの生理痛は初日から生理の2,3日目あたりまでは経血量も多いため
生理痛も重くなりがちです。

生理痛に大きく関係しているのがエストロゲン。
エストロゲンは更年期にさしかかる40代半ばくらいから20代、30代のころと比べガクンと分泌量が減少します。
この現象は閉経に向かっているための身体が行っている準備です。

エストロゲンの減少は自律神経にも影響がおよび、自律神経が乱れるとストレスがたまりやすくなります。
ストレスがたまると血行不良が起こり、体も冷えるように。
体が冷えると内臓や体の機能も低下してしまうため生理痛が起こりやすくなるのです。

まさに負のスパイラルですよね。

生理痛がひどいとき、気温が低いときにお腹に手を当てて温めると生理痛が緩和されるのは、血行が良くなり、子宮や卵巣の機能が正常になるためなのです。

生理痛が更年期に近づいた40代にひどくなった

更年期にはエストロゲンが減少してゆくため、若い頃にはなかった生理痛が
急にひどくなってきた】ということもあるのです。

生理痛を軽くする方法はずばりエストロゲンです。

エストロゲンをほかの形で補うことで生理痛を軽減することも可能なのです。

しかし、ホルモン剤などを使うと副作用もあるため、簡単にオススメすることはできません。
そこで役立つのがサプリメントです。

サプリメントの中でも女性ホルモンを調整する作用があるのが
マカ・プラセンタ・イソフラボンです。

マカには女性ホルモンを整える作用があるため、妊娠を希望している女性にも人気ですし、PMSの症状がある方にも人気です。
またプラセンタにも調整作用があるため、クリニックでも利用されているほど更年期の症状の緩和に向いているものです。

イソフラボンとエクオール

近年では、イソフラボンを女性ホルモンに似た作用として摂りこむためには体内でエクオールというものに変換されなければ、その働きが発揮することができない、ということがわかりました。
エクオールは日本人女性の2人に1人しか産生能力がない、と言われています。
そのため、大豆食品を積極的に摂ったり、イソフラボンサプリを摂っていても、エクオールが産生されていなければイソフラボンはただ体内に吸収されて終わってしまいます。
ですので、エクオール自体を摂る方が効率的で確実です。

サプリメントなら1日に1錠~2錠を水で飲むだけでいいから、とても簡単です。薬ではないから副作用の心配もありません。