更年期相談女性の更年期障害は何歳くらいからなんでしょう?
また気が付くきっかけはどんなことからなのでしょう?

現在、42歳で40歳前後から生理周期が時々乱れるようになりました。
出産経験は1回。もともと子宮内膜症を患っていて、月経前症候群や重い生理痛に悩んだりとしてきました。
そのため、子宮内膜症の腹腔鏡下手術も受けています。

生理周期の乱れにともない、突発の発疹やホットフラッシュや、はたまた生理がひとつきに2回くらいあったり、おりものが毎日続いたり・・・といった症状が出ています。

年齢的に更年期だから、というだけであればよいのですが、また別に何かほかに病気があるのかもしれない・・・と気になっています。

スポンサード リンク

A:そろそろ更年期かもしれませんが

更年期Q&A更年期は閉経前後5年。つまり45歳から55歳くらいの年代で、更年期障害というのはそれに伴う諸症状をいいます。

閉経の平均年齢は50歳なので、更年期にさしかかる年齢というのは45歳前後が目安でもあります。
閉経年齢が早いか遅いかは環境因子によって差があります。
離婚・仕事のストレス・人間関係などなど。
ですから40歳より前に閉経を迎えてしまうケースもあります。
さすがに40歳は早いですが、40代前半の女性は自分がいつくらいに閉経するんだろう・・・と疑問に思うようになる年代かもしれませんね。

閉経の徴候としては一番わかりやすいのが生理不順や異常です。
生理周期が早まったり、遅れがちになったり、間隔がばらばらになったり。
また、持続日数も2~3日のときもあれば、2週間も続いてしまうケースもあります。
経血量は減る人もいれば増える人もいます。

ですから、40代に入ったら「そろそろ更年期に入るころかな・・・」と考えてみもよいかと思います。

いずれにせよ、一度婦人科を受診してみて、検査してもらうことをおすすめします。
ほかに病気がないとも限りませんし、素人の自己判断は危険です。

>>更年期の不快な症状を改善する 更年期サプリメント一覧はこちら