更年期に入るのは、完全に閉経してしまう5~7年くらい前ですが、40代半ばに近付き、生理のリズムが崩れてきたな、と感じるようになったら、それが「更年期」に入るサインと考えられます。

更年期に入るまでに不摂生な生活や体調不調を引きずったまま更年期を迎えてしまうと、更年期障害の特有な症状が出やすくなってしまいます。
若い頃の生活は必ず更年期に表れます。

体質的なものは誰にでもありますが、偏っている部分に更年期の症状が強く出てしまいます。
更年期を楽に過ごすには、30代のうちから生活を見直し、改善し、体調を整えておくことが大切です。

プレ更年期と生理

プレ更年期生理の量や周期は35歳以降徐々に変化します。

現在、私は40歳ですが、元々生理痛もひどく、また、生理の量も多い方でした。(しょっちゅう漏れてたくらいです)
また、周期も以前は1週間ありましたが、35歳を過ぎてから、よく考えてみると、多いのは1日目と2日目だけで、4日目には茶色のおりものになり、5日目には完全に生理が終わってしまいます。
(この記事を書いた7年後の現在、生理は3日くらいあればほとんど終わっています・・・)

女性の体は42歳を過ぎると急速に変化していき生殖機能も衰え始めるのです。
生理機能の変化は普段の生活と密接に関わっています。
暴飲暴食や慢性的な睡眠不足、飲酒・喫煙など、不摂生なエネルギーを消耗しやすい生活を送っていると、それだけで老化を早めてしまいます。

 

女性の体は7年周期で変化を起こす

女性の体は7年の周期で変化すると言われています。腎に蓄えられた体の基礎物質である「腎精」と呼ばれるものにコントロールされています。

計算例をあげると、7×2の14歳前後で初潮を迎えることがほとんどですよね?
そして21歳から女性としての成熟期に入ります。
28歳でピークを迎え、出産を終えるころの35歳から少しずつ老化が始まります。
42歳を迎えると老化が加速していき、49歳前後で閉経を迎えます。
こうして、生理やホルモンの分泌は初潮を迎えたときから閉経までつながっています。
若いころの生活習慣や不摂生は必ず更年期に反映されてしまいます。
 

プレ更年期・プチ更年期には女性らしさを取り戻すマカを

更年期は女性ホルモンの減少から様々な症状が出る時期であり
その症状を総称して「更年期障害」と呼ばれます。

女性のからだバランスを整えるマカでプチ更年期・プレ更年期対策

マカにはホルモンバランスを整える作用があります。
女性のからだのバランスを正常な状態へと導いてくれます。
その過程で女性らしいからだづくりをサポートし、美容面だけではなく
イライラ、ホットフラッシュ、冷えなどにも効果が期待できるのです。

年齢的にまだお医者さんにかかるのは・・・
お医者さんにかかるほどではないけれど、サプリメントでどうにかできるなら・・・
といったプチ更年期・プレ更年期の方におススメです。

更年期のうちに体の不調を整えておくことで、これから迎える老年期を安心に過ごすことができるようになります。

>>更年期を重症化させないために 更年期サプリメント一覧はこちら