更年期対策は30代から行いましょう
更年期障害といった症状が出るのは40代後半から50代前半にかけて始まると
いわれています。

急な体の変調などで戸惑うことが多いのですが、
更年期は30代から予兆があらわれ、
体がサインを送っていることがあります。

更年期の主な予兆をチェック!

  • 月経時の経血量が減る
  • 上半身、特に首から上に汗をかきやすい
  • 頭痛・肩こりがある
  • イライラする、怒りっぽくなる
  • 昔に比べて涙もろくなってきた
  • 肌が乾燥気味
  • 爪が割れやすくなった

以上のような症状は
プレ更年期で、女性ホルモンであるエストロゲンの減少により引き起こる症状だと考えられています。

更年期に入ると女性ホルモンは急激に減少します。しかし急と言っても、実は30代のころからわずかではありますが、少しずつ減っていっているのです。

女性ホルモンが減少することで、様々な症状がでてきます。
しかし、更年期の初期段階で生活パターンを見直し、体の状態をチェックし、対策をきちんと行うことで、
更年期を比較的軽い症状で乗り切ることができる可能性があります

更年期チェックが自宅でできる 簡略更年期指数チェックの記事はこちらから

 

プレ更年期のうちにとりたいマカ

マカにはホルモンバランスを整える作用があります。
女性のからだのバランスを正常な状態へと導いてくれます。
その過程で女性らしいからだづくりをサポートし、美容面だけではなく
イライラ、ホットフラッシュ、冷えなどにも効果が期待できるのです。