女性に多い冷え性。若いころから冷え性をそのままにしておくと更年期も冷えはひどくなります
下記のような方は冷えやすいといえるでしょう。

更年期の冷えチェック

  • 生理中に体が冷えやすい。
  • 生理中に冷えると下腹部が痛み、温めると楽になる。
  • 生理の経血の色が黒っぽい。
  • 外交的ではなく、家にこもっていることが多い。
  • あまり元気がなく消極的。
  • 冷え性で、特に下半身が冷える。
  • 胃腸が弱く体力がない。
  • 疲れやすく体を動かすのが苦手。
  • 平熱が低い。

冷え性はほうっておくと大変です

冷え症若いころから風邪をひきやすい、風邪をひくと治りにくい、胃腸が弱い、体力がないというタイプの人は年を取るとともに、体を温める力が衰え、冷えを強く感じるようになります。

出産や大病を患ったために冷えやすい体質になってしまう場合もあります。
足腰が冷えると、体は非常に疲れやすくなります。プールにはいった後は疲れますよね?
このタイプは腰痛や関節痛、膀胱炎といった症状に悩まされることも多くなります。まずは体を温める力をこれ以上衰えさせない生活に改善することが必要です。

冷えない生活を心がけて、抵抗力をつけましょう

ダイエットだからとサラダを摂ったりせず、必ずサラダを食べるならば、温野菜を食べる。など必ず火を通したものを食べましょう。
しょうがやねぎ、にんにく、トウガラシ、シナモンなど体を温める薬味やスパイスを積極的に摂りましょう。

夏は冷房で体を冷やしすぎないように冷房対策を。
入浴はやや熱めのお湯に浸かりましょう。面倒だからとシャワーだけで済ますのは厳禁です。体の代謝が悪くなります。

風邪などの病気には早めの対策を。

腰や背中、首筋などを冷やすような薄着は避けましょう。冷えが体内に入り込まないようしっかりカバーする。

生野菜や果物(特に南国産のもの)はなるべく食べないように。アイスクリームやジュース、刺身などの生ものも控えめに。

 

プレ更年期・プチ更年期には女性らしさを取り戻すマカを

更年期は女性ホルモンの減少から様々な症状が出る時期であり
その症状を総称して「更年期障害」と呼ばれます。

女性のからだバランスを整えるマカでプチ更年期・プレ更年期対策

マカには女性ホルモンに似た作用があります。
更年期は女性ホルモンの減少から起こる様々な症状に悩まされてしまうもの。
しかし、女性ホルモンの減少のスピードを抑えることで更年期障害の症状が緩和されます。
マカにはそんな力があります。

当サイトオススメのマカはfull-me(フルミー)マカです。

マカがなぜオススメなのかはこちらの記事からどうぞ
マカで更年期対策・体験談

>>更年期の不快な症状を改善する 更年期サプリメント一覧はこちら