更年期の女性というと世間的なイメージは
イライラしてる 怒りっぽい ヒステリーなどとマイナスなイメージがありますよね。
でも、好きでイライラしたり、怒りっぽくなっているわけではありません。
エストロゲンの減少からホルモンバランスが崩れ
イライラ、怒りっぽい、ちょっとしたことで感情が抑えられなくなっている
という状態になってしまうのです。

エストロゲンの分泌が減少することから起こるもので
女性ホルモンのエストロゲンは体の健康だけではなく、
気持ちを安定させる作用もあるため、
女性ホルモンの分泌量が減少すると感情の
コントロールが困難になることがあります。

イライラさらに、40代以降は、自分の体調以外にもさまざまな負担が重なることが多くなってきますよね。
子供の受験・就職、夫との関係、両親や義両親の介護問題などなど、、、。
このようなことからストレスで緊張しがちになります。
このような過度な緊張は自律神経のバランスを乱す一因。
緊張をほぐし気持ちを安定させるためにもリラックス効果のあるセルフケアを取り入れることに努めてみましょう。

更年期のイライラ・怒りっぽさの予防と対策

ミネラル・ビタミンを摂る

イライラといえばカルシウムというほど、これは有名ですよね。
a1180_006352カルシウムなどのミネラルには気持ちを安定させる効果があるので、不足すると逆にイライラが募ります。
カルシウムは体内では作ることができないので、食べ物やサプリメントからしか吸収することができません。
牛乳や小魚などを積極的に摂りましょう。
カルシウムは骨粗鬆症予防にもなるので、できるだけ積極的に摂りたいですね。

a0790_001174また、ストレスがあると体内のビタミンCを大量に消費します。
そのため、イライラが続いたときには補給が必要。
グレープフルーツやイチゴ、キウイなどのフルーツを多めに食べましょう。

 

 

朝日を浴びる

セロトニンセロトニンは幸福感をもたらすホルモンなのですが、エストロゲンが減少するとセロトニンの分泌も低下します。
セロトニンが不足するとイライラすることも増えるので、朝日を浴びて分泌を活発化してあげましょう。

少し早起きをして朝の光をたっぷりと浴びながらウォーキングをすると、イライラ解消に役立ちます。
スポーツはストレスを解消する力もあるので、一石二鳥ですよね。

漢方系サプリメント 白井田七でイライラを解消

医師にかかるほどではない気がする・・・とりあえずサプリメントでどうにかしたい・・・
という方には漢方系のサプリメントをおすすめします。

白井田七は、更年期のイライラなどにおすすめの漢方系サプリ。
なぜおすすめか、というと、それは白井田七に利用されている田七人参にあります。

田七人参とは

ws000023田七人参の生命力は大変強く、また、収穫までに3~7年を必要とし、その土地の栄養を吸収しつくします。
そのため、一度収穫すると、その後、その土地は10年間雑草も生えないほどにやせ細るといわれています。

高麗人参同様、主成分は「サポニン」です。
しかしサポニンの含有量は高麗人参の3~7倍もあるのです。
ほかにもさまざまな栄養素が含まれているため「高麗人参を凌ぐ田七人参」と話題にもなっています。

サポニンの血液中の働きとは

血液をサラサラにするのにサポニンってたまに聞いたことがるけれども、
具体的にサポニンがどんな働きがあるのでしょうか。

  • コレステロール値を下がる
  • 血管についたコレステロールを除去
  • 中性脂肪の抑制
  • 肥満を予防する
  • ナチュラルキラーユニットの活性化
  • 疲労回復
  • 免疫力を高まる
  • アンチエイジング
  • 血圧低下朝用
  • 血行促進し冷えを解消する
  • 動脈硬化の予防
  • 血栓を溶かし出す
  • 自律神経の乱れを整える
  • ストレスに強い体作り
  • 精神安定効果

などがあります。

血液中の汚れだけでなく血管に詰まったゴミやコレステロールを溶かす
役割があるので、更年期になっていきなり血圧が上がった人にも効果があります
更には更年期のイライラや精神的な不安などを鎮める作用があります。

白井田七は自律神経の乱れを整えストレスに強い身体を作り、精神の安定効果もあるサプリメント。更年期のイライラに自分でも自己嫌悪・・・でもどうにもならない・・と感じている方は一度お試ししてみてはいかがでしょうか

白井田七公式サイトはこちらから

更年期

>>更年期障害のイライラを改善する!最も効果的なサプリメント一覧はコチラ