エストロゲンには膣の粘膜を柔らかく柔軟な状態に保ち、性的興奮をしたときなどに分泌液を増やす働きがあります。
しかし、更年期前後から女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は減少するため、膣の乾燥や柔軟性が悪くなったりします。

膣の粘膜や周囲の皮膚も薄くなってくるため性交痛が起こりやすくなってしまいます。
さらに、膣の粘膜が薄くなると膣内の自浄作用が衰えてくるために細菌に感染しやすくなり、膣炎を起こす場合があります。

性交痛には膣のうるおい不足だけではなく膣の炎症や子宮の病気が潜んでいることもあるため、
性交後の出血や痛みが続く際には早めに婦人科を受診しましょう。
膣炎の場合も早めの診察が一番大切です。

また、エストロゲンの減少は膀胱炎になりやすくなることもあります。
エストロゲンの分泌の低下は、膣粘膜が薄くなるだけではなく、尿道の粘膜も薄くなり細菌が侵入しやすくなります。
このときに起こる炎症が膀胱炎です。
膀胱炎はとにかく、早く医師にかかるのが一番です。
放置しておいても治る病気ではないですし、時間がたてばたつほど、症状が進み痛みも激しくなります。
しかし医師に診断してもらい薬を処方してもらうと、コロっと治る傾向があるので、膀胱炎は、医師の受診が一番です。

パートナーの理解を得ましょう

性生活はふたりでお互いを思いやることが大切です。どちらか一方が不満を抱えたままでは、夫婦関係までぎくしゃくしかねません。
実際問題として、更年期からの夫婦の性生活に悩んでいる方はとても多いのです。

痛みがつらいときは、更年期の体の変化などを伝えて、パートナーに理解を求めましょう。

膀胱炎・性交痛の予防と対策

膣炎・膀胱炎・性交痛の予防・対策には、うるおいを補うのが一番。

性交痛には男性器の挿入をスムーズにするジェルや、外性器(大陰唇、小陰唇)の乾燥にはデリケートゾーン専用の保湿液、などがあります。
膣のうるおいが少なくなると細菌感染を起こしやすくなるため外陰部を清潔に保つことを心がけるようにしましょう。

女性のお悩みを、一緒に解決してみませんか?

エルシーラブコスメティックはそうした潤い不足グッズや、デリケートゾーン専門のお悩み用の商品がたくさんあります。
私も昔、膣炎にとてもかかりやすかったため、エルシーラブコスメティックでデリケートゾーン専用ソープなどを購入していましたが、梱包もそういった商品である、ということがわからないようにしてあるため、受け取りの際にも恥ずかしくありません。
サイトもとてもきれいで女性のためのサイトなので、安心して購入することができます。
⇒女性のお悩みを、一緒に解決してみませんか?LCラブコスメティック公式サイトはこちらから