LOH症候群は『加齢男性性腺機能低下症』とも言います。
LOH症候群という名前はあまり聞いたことがない方が多いのではないかと思いますが、実際にLOH症候群の諸症状を抱えている男性は多いのではないでしょうか。

LOH症候群とは、男性ホルモンの低下によるものが原因として様々な諸症状が引き起こされたものの総称です。
男性ホルモンの中でも、このLOH症候群を引き起こしてしまうものがテストステロンであり、このテストステロンの減少から、体のさまざまな部位に不調を引き起こします。

スポンサード リンク

 

テストステロンが働く部位に影響

脳 ・生殖器 ・皮膚 ・体毛 ・骨

LOH症候群は、本来は加齢とともに緩やかに減少するテストステロンが急激に減少してしまったり、あるいは加齢とともに減少するテストステロンが与える影響に対して体が順応できず、対応できない場合に、LOH症候群の症状を引き起こすことがあります。

男性の更年期障害の症状の1つであった「性腺機能低下症」は2007年、日本泌尿器科学会と日本メンズヘルス学会により「加齢男性性腺機能低下症(LOH症候群)」と定義されました。

LOH症候群の定義としては、症状・診断基準・治療方法などのガイドラインの取り決めなどから、原因の特定が困難である男性の更年期障害のうち「テストステロンがの減少が原因である症状」をLOH症候群とされたようです。

なお、加齢とともに起こるテストステロンの減少の場合だけでなく、ストレスにさらされ続けること等によるテストステロンの減少が原因の場合も、LOH症候群として治療対象になります。