loh男性ホルモンの中の1つである、テストステロンの減少により、LOH症候群は引き起こされますが、その大きな特徴として「男性ホルモンの働きが影響する部位、臓器に症状がみられる」といわれています。

テストステロンの働きが顕著に影響する男性生殖器の場合には、テストステロンの減少により、早朝の勃起の減少や、勃起不全(ED)などの症状がおこります。

また男性ホルモンは脳に影響をも与えるために、テストステロンの減少からイライラ・不安感・憂鬱感・性欲減退など、精神的な影響を及ぼすことがあります。

スポンサード リンク

LOH症候群の主な症状

早朝勃起の減少や勃起不全(ED)⇒生殖器への影響 ・イライラ、不安感、憂うつ、性交欲の減少⇒脳への影響 ・不眠、疲労感、無気力感が続く⇒脳への影響 ・ひどい発汗⇒皮膚・脳への影響 ・筋肉量の減少⇒筋肉への影響 ・骨量の減少⇒骨への影響 ・ヒゲの伸びが遅くなる⇒体毛への影響

以上のように、多くの部位に影響を及ぼすLOH症候群ですが、今までは「うつ病」と診断されることも多々ありましたが、現在では、テストテロンの減少が原因である場合にはうつ病とは区別されます。

しかし、LOH症候群の進行によりうつ病の発症がおこる、またはうつ病の発症から逆にLOHが低下する、という場合もあります。
どちらの場合にも、テストステロンの減少が影響しているため、治療も様々なものに及びます。