LOH症候群は男性ホルモンの減少が原因となるものです。
男性ホルモンの減少により、いくつかの症状があらわれることがあり、これら諸症状に加え男性ホルモンの量などからLOH症候群の診断が行われます。

LOH症候群を診断する場合には、通常2段階おいての診断を行います。
まずは、LOH症候群として判定できるかどうか、次にLOH症候群と判定された場合、LOH症候群の治療を行うことができるかどうか、の診断が行われます。

 

LOH症候群の判定の際の診断方法

・ホルモン検査 ・臨床検査 ・質問票による検査
loh
上記グラフは男性ホルモン検査のモデルケースです。

スポンサード リンク

ブルーのグラフはテストステロンの分泌量で、オレンジのグラフはLOH症候群の治療方法により、補充されたテストステロンを表します。

また、赤い線を正常下限値(8.5pg/ml)とし、水色の線をLOH症候群の症状があらわれ始めるボーダーライン(11.8pg/ml)を表しています。

ホルモン量の検査でテストステロンの量が水色の線を超えていない際には、LOH症候群の治療大将とすべき、とされています。
(すべての方が上記グラフにあてはまるわけではありません。
60代でも30代の方と同程度のテストステロンが分泌されているケースも多くあります。
逆にストレスなどの影響から30代であっても急激にテストステロンの分泌量が低下している方もいます)

 

LOH症候群の診断基準や診断方法の補足

男性ホルモンの検査は、血中内のテストステロンの分泌量を測定し、測定値が基準値を下回った場合に、LOH症候群の可能性が高い、と判断されます。
このときに、着目されるテストステロンは遊離型テストステロンというもので、血中でたんぱく質とくっつかない特性を持つテストステロンです。
臨床検査により、テストステロンの減少の原因が加齢によるものか、ストレスによるものか、を診断します。

同じく、質問票による検査でLOH症候群であるのか、それ以外の疾患であるのかを検討します。

LOH症候群の検査の中で一番重要な検査はやはりホルモン検査になります。臨床検査や質問票による検査はホルモン検査の結果を裏付け、あるいは補足する関係にあります。

なお、臨床検査に含まれる血液検査や尿検査などは、ホルモン検査と同様にLOH症候群の治療方法の可否の診断にも使われます。