女性の更年期障害の症状で、女性ホルモンの減少による症状に対して、
ホルモンの投与方法(ホルモン療法)は即効性があり、劇的に改善されることが期待されます。
が、男性の更年期にもホルモンでの療法はあります。

しかし、男性の場合には、女性とは違い、男性ホルモンの減少による症状が見られない場合が多くあるため、男性ホルモンを投与しても効果は女性ほど期待できません。

男性の場合には、女性とは違い、男性ホルモンの減少による症状が見られない場合が多くあるためもあります。

スポンサード リンク

 

男性の更年期 ホルモン補充療法のデータ

男性の更年期の代表的な症状のひとつの「うつ」の場合、 男性ホルモンを投与したことによって気分・気持ちに改善がみられたかの評価は、 その男性自身の主観的な評価であり、その男性自身も自分に男性ホルモンの投与が行われていることを知っているため、データの信憑性に欠ける部分があります。

ホルモン療法を行っていることを知っている男性自身の場合には
気分や気持ちの改善はみられるものの、男性自身がホルモン療法の中で
薬の中身を知らない場合には、6研究中2つの研究でプラセボ(偽薬)と同じ効果しか得られず、
性機能を検討しても、男性ホルモン投与の効果はまちまちだったという結果が試験のデータから出ています。

 

男性の更年期対策:ホルモン療法のデメリット

男性のホルモン療法のデメリットとして、副作用があげられます。

睡眠時無呼吸症にかかりやすくなる、または症状が重くなる、高齢者に多い、前立腺肥大や前立腺ガンの悪因子が増えるといった副作用があげられます。

男性の更年期障害の症状は仕事に差し支える症状だけではなく、性機能の低下などにより男としての自信喪失など、男性本人にとってはとてもつらいもににも関わらず、医学的な分野ではいまだ、女性ほどの治療法が確立されていない状態です。

またデメリットの副作用においても解決していない現状といえるでしょう。