LOH症候群LOH症候群の治療に非常に有効、と言われているのがホルモン補充療法です。
女性の更年期障害の場合にも女性ホルモンの補充療法が有効ですが、男性の場合にはアンドロゲン(男性ホルモン)の補充療法となります。

減少してしまった男性ホルモンが原因としてLOH症候群が引き起こるため、治療方法としては、男性ホルモンを体内に補充することで、LOH症候群が引き起こす諸症状の緩和・改善が期待されるのです。

男性ホルモンは総称「アンドロゲン」と呼ばれています。
アンドロゲンにはいろいろあり、テストステロンも男性ホルモンの一種で、ほかにはジビドロステロン・デビドロエピアンロドステロンなどの男性ホルモンがあります。

スポンサード リンク

この中でLOH症候群に深く関与する男性ホルモンはテストステロンです。

アンドロゲン(男性ホルモン)補充療法はLOH症候群の治療に非常に有効であると言われています。
男性ホルモンは経口摂取すると腎臓で、ほぼ無効化されてしまうため、注射による補充が行われるのが一般的です。

しかし、このアンドロゲン(男性ホルモン)補充療法ができない方もいます。

すでに以下の疾患、症状をもっている場合は、注入する男性ホルモンが悪影響をもたらす可能性が高くなるため、アンドロゲン(男性ホルモン)補充療法による治療は行えません。
LOH症候群の補充療法が行えない疾患・症状
・前立腺がん

疾患による男性ホルモン補充療法ができない例

・中程度以上の前立腺肥大症
・乳がん
・肝機能障害(重度)
・腎機能障害(重度)
・重度の高血圧
・多血症
・うっ血性心不全
・睡眠時無呼吸症候群

 

しかし、これは、医師の判断によっては可能なこともありますので、必ずしも「できない」と断定はできません。

LOH症候群である、と診断された場合には様々な検査を行い、男性ホルモンの補充療法という治療が行われるか否かということになりますので、自分勝手に判断しないことが大切です。