0066更年期障害といえば、女性のものと言われてきましたが、最近では男性も更年期障害があるということが徐々に認知されてきました。

実は、この更年期障害は認知症とも大きく関係していることが最近の研究でわかりました。

更年期障害の症状の特徴で「イライラする」「汗をかく」といったホットフラッシュという症状がありますが、更年期障害の原因にはホルモンバランスが崩れることにあり、女性の場合には、女性ホルモンが減少していくことで、閉経がおこります。

すると、体調や精神的なバランスも崩れるのです。

更年期障害が認知症の原因に

更年期障害の症状が長引くことで認知症の原因のひとつになることがわかってきました。
更年期障害の症状には、ホットフラッシュ以外にも
記憶力の低下」という症状があります。

更年期障害に長い間悩まされてきたのに、一過性のものだからと何も治療せずに
放置してしまった女性には、この記憶障害が生じやすくなります。
更年期障害の代表的な治療方法に「ホルモン補充療法」があります。

これは、認知症になりたくない!と願うのであれば、更年期障害になってしまったら
ホルモン補充療法をうけておくことをオススメします。

このときにホルモンの補充をしておくことで、実は認知症防止にもつながる可能性があります。