更年期にも基礎体温は変化があります。

基礎体温ときくと妊娠や避妊のため、というイメージがありますが、

基礎体温から排卵の有無がわかり、排卵の有無がわかるということは、
女性ホルモンの乱れがあるためで、基礎体温を測れば、更年期に近づくスピードも
わかるようになります。

基礎体温は卵巣から分泌される女性ホルモンの状態が一目でわかります。
卵巣の老化の程度をチェックすることができるため、更年期に近づいているな
ということを理解するためにも重要な役目をしてくれるのです。

スポンサード リンク

 

基礎体温からわかる更年期

女性ホルモンの働きがあるために月経は一定リズムでおとずれます。
しかし、排卵日がはっきりしない、高温期が短くなってきた、低温期と高温期の境がわかりにくくなってきた、といったことは卵巣機能の衰えから起こる変化なのです。

女性ホルモンのサイクルで女性の体や心は変化していきます。
変化が更年期に近づいているためなのかどうか
気になる月経不順なども合わせ、しっかりと理解していくことが大切です。

 

更年期のために基礎体温を測るメリットは

卵巣の老化程度・低温期と高温期のバランスの乱れ、がわかること。
同時に自身の体の現状を把握し、対処、対策することで更年期障害の症状を重くしてしまうことから防ぐこともできます。
更年期かもしれない、と思ったときに基礎体温はとても重要なデータになります。

更年期外来や婦人科に受診する際にもとても重要ですので、身体の変化を感じ始めた、45歳前後で生理に変化が訪れ始めた、といったことがあったら基礎体温をつけるようにしましょう。

毎日基礎体温の計測ができないという方に

基礎体温を毎日同じ時間に同じ姿勢で口中体温計で計測してメモをする。
私も経験あるのですが、、、計測しているうちに寝てしまったり
3日坊主になってしまったりしませんか?

更年期・プレ更年期・PMSのある方にとって
自分の体のリズム、生理のリズムを知ることはとても大切です。
また、更年期やPMSの診察時にも基礎体温表は必要となります。

らん’sナイトセルフ
は口中体温計ではなく、寝ている間に女性の周期を自動で計測してくれる体温計です。
夜寝るときにパジャマやショーツに挟んでおくだけで、眠っている間に女性特有の周期を測ってくれる画期的な「衣服内温度計」です。
女性のセルフケアサイト『Ran’s Story』に対応しておりディスプレイに表示したQRコードを携帯電話のバーコードリーダーで読み取って送信すると毎日の眠っている間の一晩の 体温変化を確認できたり、長期的なグラフからは、低温の時期から高温の時期へと移行するからだのリズムもキャッチできます。

詳細は公式サイト⇒らん’sナイトセルフ
をご覧ください。