更年期というのは閉経の前後10年を指して言われる期間です。
日本人の平均閉経年齢は50歳、と言われているため、
45歳から55歳が「更年期」ということになります。

この更年期に様々な変調や症状が起こるものを
「不定愁訴」と言いそれがいわゆる「更年期障害」なのです。

では、更年期障害の症状には出る順番や前兆、兆候といったものはあるのでしょうか?

更年期障害の症状には現れる順序はない

更年期,前兆,兆候
確かに、更年期障害の症状に現れる順番があれば
予防を行うことができますし、その1番目に出る症状が起こり2番目に出る症状が起これば
「あ!更年期障害がきた!」と知ることができますよね。

しかし、更年期の症状には出る順番は残念ながらありません
どんな病気も同じように「これが起きたらこれだ!」と言い切れるものがないのと同じで
更年期障害の症状にも出る順番はないのです。

が、更年期障害かもしれない?という予兆・兆候・前兆となるものはあります。
これらを知っておくことが 何よりの
更年期対策となるでしょう。

更年期かな?と思われる兆候・前兆 トップは生理の乱れ

更年期障害の症状は順番はない、とはいえ、一番わかりやすいのが
生理不順」です。

閉経は突然生理が止まる、というものではなく
生理不順を経て生理が止まるものです。
閉経は最終整理から一年経過しても生理が来ない場合、閉経とみなされます。
この際には婦人科で確認した方がよいでしょう。
(完全に女性ホルモンの分泌が停止し生理が一年来ていなければ閉経)

更年期と呼ばれる40代半ばくらいから、卵巣機能の低下が始まり
女性ホルモンであるエストロゲンの分泌の減少が始まります。

この影響から、生理周期が不安定となってきます。
2か月来ないな・・・と思ったら翌月は来たり
量が少ないけどこれ生理なのかな?と思っていたら翌週生理がまた来たり。

通常は、2,3か月来ない⇒生理が来る⇒4か月来ない⇒生理が来る
という「生理が来ない期間」が長くなってきてやっと閉経する、というパターンが多いようです。

更年期の諸症状は自律神経系統のものがメイン

自律神経にも影響が及びます。

女性ホルモンであるエストロゲンが減少しているため、脳は必死に「分泌しなさい!」という命令を下すものの分泌することができないため、さらに命令を繰り返します。
ということは脳の指令がその部分に集中してしまう、ということ。

すると、他の部分がバランスを崩し始めます。
これが自律神経に影響を与えているわけです。
女性ホルモン,脳

自律神経には血管の収縮と拡張を司る働きがあるため、これが乱れ不安定になります。
すると、自律神経系の症状が起こるようになるのです。

具体的な症状を挙げると
ホットフラッシュと言われるほてり・のぼせ・発汗は更年期の症状の中でも「特有」と言われるもの。
医師によっては、この症状+他の症状があれば「更年期障害である」と診断する方もいるようです。

ほかにも、下半身の冷え、動悸、眩暈、耳鳴り、頭痛、頭重感 などが挙げられます。

こういった自律神経が影響する症状には、更年期によることだけが原因ではなく
加齢によるものや、生活環境といった環境因子が大きく関係してきます。

特に更年期には心理面でもホルモンが影響を受けるため
イライラ、鬱、落ち込み、やる気のなさ、気力減退、判断力の低下 といったものもありますが
これらは環境によっては出ない人もいます。

更年期障害の症状が重くなる人の特徴

ここで触れておきたいのが、更年期障害の症状が重くなる人、です。
更年期障害には症状が重くなってしまう人に特徴があります。
それが「受け入れられない人」「認められない人」です。

人間は年齢を重ねると、頑固になり新しいものを受け入れることに対して時間がかかるようになります。
更年期に対しても
「まだでしょ?」
「いやいや これ更年期なんかじゃないから」
って必死に否定していると、症状だけがどんどん悪化してゆくので
対処することもできないし、予防することもできない。

ひたすら出てきた症状に対して対症療法だけを行うことになってしまいます。

更年期にはサプリメントは必須

更年期にはホルモン補充療法や、女性ホルモンの分泌の減少のスピードを緩めるためのサプリメントなどは摂っておきたいものです。
頑固に更年期を否定すると更年期障害の症状が重くなってしまいますから、まずは認める・受け入れることから始めましょう。
当サイトがオススメする更年期サプリはこちらで紹介しています。
更年期の症状を緩和する更年期サプリ一覧

更年期の後期 および 更年期後に起こる症状

つらく長い更年期を終える頃から、今度はまた違う症状が起きてくることがあります。

男性と異なり、女性は「産む性」です。
それが終わってしまったため、性交痛や性交時の出血などが起こります。
これはエストロゲンがほとんど分泌されなくなるため、膣粘膜の萎縮や乾燥から起こるもの。

それ以外でもエストロゲンが司っていたものは多く
・骨の新陳代謝
・肌の新陳代謝(ターンオーバー)
・髪の毛の新陳代謝(ヘアサイクル)
などが遅くなるようになり、
骨粗鬆症や肌のくすみ、しわ、乾燥、抜け毛、白髪、薄毛といったものになるようになります。

私の周囲で閉経した方、更年期を過ぎた方は
関節痛、冷え性、めまい、骨粗鬆症などに悩まされている方が多くみられます。

更年期以降にこういった症状は多くなってゆきますが、それらを予防するためにも更年期にはサプリメントや食生活の改善、適度な運動などを心がけるようにしたいものですね。