更年期、というと女性だけなイメージがありますが
近年では男性にも更年期があることがわかり、
以前と比較して、さまざまな男性の更年期に関しての情報が
得られるようになりました。

では、男性と女性の更年期 症状はどのように異なるのでしょうか?

男性と女性 更年期の症状の違いとは

更年期には更年期障害の症状特有の女性の症状の1つ。
更年期障害は女性ホルモン、特にエストロゲンなどの分泌バランスが崩れることで起こる症状ですが、
特に、閉経前後の40歳から55歳ごろの女性に多い、と言われています。

更年期障害は近年、40代以降の男性にも起こる、と言われていますが、
男性には不正出血というものは子宮がありませんし、
男性の更年期障害の症状としては出血は生理もないので起こることはありません。

更年期障害の症状は自律神経失調症に似ているもので、
動悸、血圧の上下や耳鳴り、下痢、微熱、腹痛、脈拍がはやくなる、といったものですが、
女性は生理不順、男性は勃起不全と生殖器に関する症状も顕著です。
女性の場合には、性交痛というものもあります。

精神的には、情緒不安定や不安感、イライラ、抑うつといった症状が多く、
これらの症状は精神的な要素も大きく関連してきます。
自律神経失調症もホルモンバランスの分泌が崩れることから起こるのですが、
更年期も女性ホルモン、男性ホルモンの分泌バランスが崩れるために起こるのです。

女性は閉経前後になると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下することで起こることがほとんどで、
男性の場合には、男性ホルモンのテストロゲンの分泌低下により、更年期の症状が起こるようになります。

女性の更年期は閉経といったわかりやすいことが起こるために対処もできますが、男性の場合には目に見える異変が少なく、精神的ダメージが起こることが多く、周囲に女性の更年期よりもさらに理解されづらい、ということがあげられます。

 

男性の更年期障害は女性よりも軽度が多い

総じて、男性の更年期障害は女性の更年期障害よりも症状的には軽度と言われています
日常生活を送るには問題がない場合がほどんです。

これはテストロゲンの分泌の低下がエストロゲンの分泌の低下よりも緩やかなため、
症状が表だっては出づらいことが原因として考えられています。
多くの場合には単に「年のせい」と思って気がつかない人もかなりいるでしょう。
しかし、軽度とはいえども、「中高年男性のうつ病」は新聞などでも取り上げられることが増えています。

ご主人、または、自身が「精神的につらい」「体調だけではなく、心身ともに疲れる」といったことが増えたら、更年期障害の症状、ととらえてみましょう。
男性の更年期についてはこちらから