更年期世代といえば40代、50代。
この時期に突然腕が上がらなくなる四十肩や五十肩
「え?腕が上がらないし痛い!なにこれ?」
なんて突然くるもの。
でもなってからでは遅いものです。
日頃からどんな予防方法が必要なのでしょうか。

四十肩や五十肩は腕を動かすたびに、痛みが走り、いつ治るかわからないという困りもの。
そうならないためには、日ごろから肩や腕などの運動が大切です。

四十肩とはどんなもの?

肩凝り四十肩や五十肩とは40代、50代のちょうど更年期世代の起こりやすい肩の炎症です。
肩の関節の周辺に炎症が起こり、腕を上げようとしたり、後ろに回そうとしたときなどに痛みを感じます。

痛みは突然起こり、通常であれば半年から1年で自然に治まることが多いようです。

五十肩が以前は多かったので、四十肩という言葉はなかったのですが、昨今では40代の人が五十肩のような症状が現れることが多くなったため、四十肩と呼ばれるようになりました。

四十肩・五十肩の症状

woman_think四十肩や五十肩の症状は、腕を横から上にあげようとしても痛みがあるために上がらない、というのが特徴です。
そのため、服を着るにも痛みを感じ、電車でつり革をつかまろうとしても痛みを感じてしまうため、日常生活が非常に不自由になります。

男女ともにあるため、性別を問わず起こるようです。

四十肩・五十肩の治療方法

残念なことに四十肩・五十肩は病気ではなく、かつ、原因も不明なため、治療方法がありません。
レントゲン検査などをしてみても異常が見つからないため、治療方法もない、ということです。
ここで異常が見つかれば別な病名がつくことになります。

肩の痛みは一定期間を過ぎればウソみたいに痛みもひき治りますが、これが、いつになることやら・・・という感じで、治まる期間は人それぞれです。

痛みがあると、運動どころか日常生活も不自由になるため、予防することが一番です。
再発しないためにも予防法をチェックしておきましょう。

四十肩・五十肩にならないための予防法3つのポイント

肩のインナーマッスルを鍛えましょう肩のインナーマッスルを鍛えましょう

更年期Q&A四十肩・五十肩の予防方法の1つは「普段から肩を動かし、適度な運動をすること」
特に四十肩・五十肩の予防になるインナーマッスルの鍛え方をあげてみますね。

・輪にしたゴムチューブを両手を上にあげた状態で手のひらにかけます。両手は肩幅に開いて腕は垂直に。床と平行になる位置で小刻みに左右に動かします。
肩の付け根から胸辺りがじんわりと温かくなります。

・ゴムチューブを柱などにかけて、腕を垂直にし腕を左右に動かします。腕は床と平行にし手に力を入れるのではなく、腕全体で動かすように注意します。
家庭にゴムチューブがない方は以下の方法で。

・うちわや扇子などであおぐ、という動きも実は肩のインナーマッスルを鍛えています。

インナーマッスルが鍛えられていると、肩の付け根から胸のあたりがじんわりと温かくなってきます。

肩を動かす習慣をつけましょう肩を動かす習慣をつけましょう

ストレッチ肩甲骨のストレッチ
加齢とともに肩甲骨の可動域が狭くなります。肩甲骨を寄せたり広げるなどをして肩甲骨のストレッチをしましょう。

肩を回す
肩をぐるぐると回し、肩周辺の筋肉をほぐしましょう。

腕のストレッチ
腕が凝ると、肩から首への負担が大きくなります。
ヨガやピラティスなど体の柔軟性を高める運動を行うといいですよ。
更年期Q&A上にあげたものは仕事の休憩時間や家事の合間にできるものです。
特にパソコン作業をしている方は首や肩に普段から負担がかかっています。
気が付いたときに肩を動かすように習慣づけてみましょう。

肩のインナーマッスルを鍛えましょう四十肩・五十肩にならないための日常生活

日常生活の中で肩を動かす運動を適度にすることを習慣づけるとともに、肩を冷やさないようにする、重い荷物はできるだけ肩にかけないこと・肩にバッグなどをかける方は、片一方だけに偏らず、両方を均等に掛けかえるようにしましょう。

また、パソコンを長時間使用する場合や、同じ姿勢でじっとしている時間が長い場合には休憩や合間に肩や首のストレッチをするようにしましょう。

四十肩になってしまったら

四十肩や五十肩になってしまったら、痛みに関しては冷やさず温めること。
無理して動かさないことが基本です。

しかし、あまり動かさないのも筋肉が衰える原因になってしまうため、無理のない程度に肩のストレッチや肩のインナーマッスル運動を行いましょう。

整骨院やマッサージ、接骨院などに通うのも1つの手ですし、ハリやお灸なども痛みを和らげることもあります。