ドケルバン病・・・初めて聞いた!という方は多いことかと思います。
が、実際には、あぁこの痛みはそうだったのか・・・
と思う方も多いのではないでしょうか。

ドケルバン病は女性に多く発症して、
女性ホルモンの分泌が不安定になる
妊娠出産期や更年期に多いという報告があります。

更年期に多い ドケルバン病ってどういうもの?

ドルゲバン病親指を広げると手首(手関節)の親指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がります。
ドケルバン病はその親指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎です。

腱鞘炎は実は患部の場所にとって名前が変わることがあるため、ドゲルバン病(狭窄性腱鞘炎)もその1つなのです。
ドゲルバン廟とは、親指に付着する短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背面にある腱鞘を通るところに生じる腱鞘炎です。

ドケルバン病の症状

手首の親指側のある腱鞘とそこを通過する憲に炎症が起こった状態です。
腱鞘部分で腱の動きがスムーズにいかなくなり、手首の親指側が腫れます。
親指を広げたり、動かしたりすると、強い疼痛が走ります。

上にも書いたように女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で
更年期または妊娠出産期の女性に多くみられます。

ほかには手の使い過ぎ、スポーツや指をよく使う仕事の人にも多いのが特徴です。

患部の腫れや押したときの痛みがみられます。

ドケルバン病のセルフケア

ドケルバン病、または腱鞘炎のセルフケアは主として「冷却と安静」です。

使いすぎることで炎症状態になっている場合があります。
患部に触れてみて、皮膚が熱を持っているようであれば、とにかく氷水で冷やすこと。
患部に痛みがでる動きをなるべく行わないようにすることです。

氷水で冷やしていると痛みもひき一時的に良くなったように感じますが、患部が完璧に改善されないと再発⇒悪化を繰り返し、悪循環となります。

腱鞘炎になった場合には1ケ月から3ケ月は安静にすることをおすすめします。