不定愁訴に強い漢方は、更年期障害の治療に適しています。
気・血・水のバランス是正は、まさに更年期の肉体・精神の不安定状態を正すのに適した考え方なのです。

更年期障害の症状の改善については漢方の得意分野のひとつ

更年期障害の症状の1つを緩和することだけで体全体の調子が整ってくる、というメリットがあります。
更年期障害は症状によってさまざまなタイプがありますが、更年期障害の症状別にきめの細かいケアができる、それこそが漢方の特徴で漢方薬の得意技。
美肌やアンチエイジングにも期待ができます

ただし、全身の状態を正すことで結果的に症状を軽減していくので、

漢方治療の効果はホルモン療法と比べて、比較的ゆっくりです。

痛みや精神症状などをすぐにとりたい時は鎮痛剤や安定剤と併用するのもいいでしょう。

ホルモン療法に効果が表れないときに利用してみる漢方

ホルモン補充療法を使っても効果が現れない更年期症状があります。
ということは、その症状の原因がホルモンの失調が直接の原因でないということでもあります。

ホルモン療法が効かない場合に、漢方は、全身の状態を整え、体の変調に対する調整力を高める働きをしますから、
更年期のホルモンの変動によって体のリズムが崩れた場合などは、うまく立ち直れるように働いてくれます。

更年期のことを漢方では人生の通過点という考え方を行います。
身体の老化や遺伝子にプログラミングされている情報は、自然現象であり、ひとの力では変えることはできません。

漢方的な見方や老化していくことに対しての考え方で漢方の知恵を生かせば、更年期の諸症状や老化の速度を緩やかにすることは可能なのです。

ホルモン療法と漢方薬

ホルモン療法と漢方薬との併用は可能です。
が、急にのぼせがひどくなった、血圧が急に上がったといった場合には、漢方薬では対処できませんので、ホルモン療法をおすすめします。
症状の軽度・重度をみて併用してみましょう

更年期の症状がそんなにひどくない、耐えられないほどではない、といった場合には、漢方薬で症状を緩和し、女性ホルモンが少なくなったらホルモン療法を使う、と、柔軟に対応することも必要です。

ホルモン補充療法か漢方かといった二者択一にこだわらずに、それぞれが得意とする分野の症状にそれぞれを使用し、両方を併用するということも可能です。

ホルモン療法を開始して、何か月か経ち、症状が落ち着いたら、医師と相談して、漢方薬だけに切り替えて、体の調子を整える、という方法も無理がなく、よいと思います。
自分の体と相談して、自分に合った治療法をおこなっていきましょう。