若年性更年期障害になってしまう原因にはいろいろあります。
その中でも大きな理由の一つはストレス。

若年性更年期障害現代社会にはたくさんの情報であふれており、女性も職場に出ていくようになり
人間関係も複雑になってきていてノンストレスとは無縁な生活になっています。
若年性更年期障害を予防、改善するには、そのストレスをうまく付き合っていくことが大切。

辛いことや悩み事がある場合には、一人でくよくよ悩まずに、信用できる友人や周囲の人に思い切って相談してみましょう。
(このときに、アドバイスをされてしまうことで、さらにつらくなってしまうことがあります。
愚痴なんだということ。アドバイスされるとつらい、ということを話してから話すのも手です)
話を聞いてもらうだけで、少しストレスが軽減されることもあります。

若年性更年期予防にはストレスを上手に発散すること

悩みごとの内容によっては、知っている人にはなかなか相談しづらかったり、悩みの内容が自身の体に関係していて、友人や周囲の人に聞いてもらうのは・・・という場合には 婦人科の女性外来などで相談してみるのも良いですし、カウンセリングを受けるのも良いですよ。

ストレスがたまってきてると感じたら、そのままにはせずに、なんらかの形でストレスを発散する工夫をしてみてください。
ストレスが若年性更年期障害の大きな原因なのですから、まずはストレスを
発散するためにいろいろと動いてみるのもよいですよ。

過激な運動などは余計にストレスがたまることもありますが、適度な運動はストレス解消には
もってこいですよ。