0085若年性更年期障害にならないためには、
やはりストレスをためないこと、そして楽しい気持ちを持つことです。
楽しい気持ちを持てば、α波が出て、精神安定につながります。
また、バランスのよい食生活、規則正しい生活は心身によい影響を与え、ストレスをためにくい健康な身体にかかせません。

若年性更年期障害の改善策

ビタミンEを摂取しましょう

ビタミンEは若返りのビタミンと知られています。
ホルモンバランスの調整や自律神経のコントロール、老化現象の一因とされる過酸化脂肪の増加を抑える働きがあります。
また末梢血管の血行をスムーズにするので、頭痛や腰痛・冷え性にも効果があります。
コレステロールの沈着を防ぎ、血管内の細胞を強化する働きもあります。
ビタミンEは比較的多くの食品に含まれていますが、ヘビースモーカーやお酒を多く飲む人は、不足しがちなのでサプリメントで補うのもひとつの手です。
ちなみに適正摂取量は1日7~8mgです。摂りすぎに気を付けましょう。

アロマでリラックス

更年期のような症状によいといわれる代表的なアロマオイルが「カモミール」です。
諸症状を穏やかに、また鎮静・緩和するといわれています。
また「ゼラニウム」もホルモンバランスを調整するといわれています。
プロのアロマテラピストによるマッサージを定期的に受けるのが一番ですが、自宅で市販の精油を使う場合は「足浴」がオススメです。足裏の皮膚は精油を早く吸収するため、この方法は精油を体内に入れる最も簡単な方法です。洗面器に熱めのお湯をはり、精油を2~5滴入れて足をつけます。

ハーブティーを飲む

ハーブティーはより穏やかに時間をかけて身体や心の不調をやわらげていく働きが期待できます。
ハーブティーで症状を緩和するコツは、とにかく毎日飲み続けること!
アロマオイルに比べて配合成分は微量で、尿などで体外に排出されやすいので、常に身体に取り入れることが大切です。
オススメのハーブティーは、「セージ」「フェンネル」「ユーカリ」。
いずれも単独では飲みにくい味なので、レモンバームやローズなどのハーブとブレンドするのが一般的です。

>>更年期の不快な症状を改善する 更年期サプリメント一覧はこちら