ホットフラッシュの予防は簡単ではありません。
ホットフラッシュの症状というのは
「こうしたら出る」「毎日何時くらいになると出る」とかそういうものがなく突然症状が現れます。
ですから、前兆や初期段階で対処することは
とても難しいのです。

そのためにホットフラッシュの予防は根本的な対策方法との組み合わせで日々の生活で行っていくしかありません。

komatta_woman人が寒がっているのに私だけ大量の汗が出て恥ずかしい。
(50歳代女性【海外】)*当サイト実施アンケートより

ホットフラッシュの予防

このようなことを踏まえてホットフラッシュの予防を考えた場合には2つ注意したい点があります。

1つは起こらないような対策を行うこと。
次に起こった場合においてうまく対処できるようになること。
ホットフラッシュは予防が難しいため、予防よりも、うまく対処する方法をまずは考えておきましょう。

たとえば、服装です。
体温調節のしやすい服装を心がけること
蒸れやすい服装な風通しの悪い素材には体温調節が難しく、ホットフラッシュを誘ってしまいます。
また、いざホットフラッシュに見舞われた際にもうまく対処することが難しくなってしまいます。
冬場は寒いからと着込んだりもするかと思いますが、冬場は注意が必要でしょう。

次に運動です。
ホットフラッシュの予防だけではなく症状を和らげる意味でも効果的です。
運動をすることで汗をかく習慣をつけると体温調節がしやすくなります。
とくに更年期の年齢になると運動不足になりがちです。ハードな運動ではなくウォーキングやサイクリングといった軽く汗をかく程度でも十分です。
運動の後は必ずストレッチを取り入れましょう。
ストレッチは体の緊張をほぐし血行を促す作用があります。

日常生活の中では、カフェインの入った飲み物はできるだけ避けておきましょう。
カフェインの含有量の多い飲み物やアルコールも控えましょう。

こうすればホットフラッシュを避けられる!という予防法は現段階ではありませんが、できるだけうまく流すことができるように、普段から日常生活の中に対策を取り入れることでホットフラッシュの発症リスクを減らし緩和させてゆきましょう。