更年期障害の症状として多くみられる症状が
ホットフラッシュ(のぼせ)、ほてり、多汗です。

動悸、腰痛、関節痛、鬱、イライラ、倦怠感などもありますが、一番顕著に表れるのがこのホットフラッシュ。

ホットフラッシュと更年期の関係は?

これらの原因は、更年期にさしかかり女性ホルモンのエストロゲンの減少によるものです。
エストロゲンの減少は視床下部に強い刺激を与え、これが自律神経を乱すことになり、このような更年期の症状が起こるのです。

日本語でいう「のぼせ」は英語では「ホットフラッシュ」と呼ばれ、ホットフラッシュの症状も千差万別です。
ホットフラッシュという名の通り、急に体がカーッ熱くなり、ほてった後でスーッと冷めることで、顔だけが熱くなる人もいれば上半身全体が熱くなる人もいるようです。

更年期による自律神経の乱れが原因

私たち人間は体が暑さ寒さを感じると自律神経が働きだし、その人が過ごしやすいように体内で自律神経の調整作用が働くようにできています。

具体的にいうと、暑いときには交感神経が働き血管収縮させることで体温を低下させます。
逆に寒いときには副交感神経が働いて血管を拡張させ、血の巡りを良くし、体温を上げるように働きます。

この交感神経と副交感神経は相互に補完し合って動くものです。
しかし、更年期にさしかかり自律神経が乱れると、この補完関係も崩れ、自律神経の調整作用が上手に働かなくなります。
そこでホットフラッシュのような症状が起こるのです。

プラセンタには自律神経調整作用がある

プラセンタには、この自律神経を調整する作用もあります。
また、自律神経が乱れる根底の女性ホルモンを調節する作用もあります。
つまり プラセンタはホットフラッシュやほてり対策にも有効なのです。

プラセンタには女性ホルモンを調整する「内分泌調整作用」や自律神経の乱れを正常に戻す「自律神経調整作用」が有ることから、これらの症状の対策にも有効であることが分かっています。

プラセンタで更年期対策はこちらで詳細記事を掲載しています