更年期障害に多くの方が訴える症状の1つに
「のぼせ」「ほてり」「ホットフラッシュ」があげられます。

更年期と熱中症の合わせ技は危険

この、のぼせ、ほてり、ホットフラッシュは季節関係なく表れるものですが
夏場、この症状に見舞われると非常につらい季節になってしまいます。
特に、中年太りを解消!と運動されている方は、熱中症になりやすくなることも考えられます。

熱中症とは

熱中症は日射病、熱射病の総称です。
高温下での運動・労働から発汗機能や循環系に異常をきたすことで起こる病気です。
体温上昇、発汗停止などから、重症になるとけいれん、精神錯乱、こん睡などに陥り、生命の危険を伴うこともあるものなのです。

ホットフラッシュ気温が体温よりも高くなると空気中への熱の放出は難しくなります。
というのも熱は高いところから低いところに流れるもの。
ところが近年、38度、39度といった気温になることが多く、そのため体温調節ができなくなるのです。
汗は体温調節をしてくれるものですが日本のように気温だけが高いのではなく、湿度が75%以上になると汗をかいても流れるだけで、蒸発はほとんどしなくなります。
そのために発汗することでできる体温調節もできなくなってしまうのです。

また、体温が37℃を超えると皮膚の血管は拡張し、皮膚の血液量を増やして熱を放出しようとします。
しかし、このときに体温はさらに上昇。
発汗によって体の水分量が極端に減ると今度は心臓や脳を守るために血管は収縮をはじめます。
つまり、熱がこれによっても放出できなくなるわけです。

このように、熱中症は体温調節をする機能がコントロールできなくなり、体温がぐんぐんと上昇してしまう機能障害、といえるのです。

ただでさえ、更年期には、自律神経のコントロールが難しい時期です。
更年期でホットフラッシュ、のぼせ、ほてりがある方は特に、体温調節機能のコントロールが難しい状態になっていますから、運動は無理をしない程度に行いましょう。
また、運動をする際には、水分補給を必ずし、休憩を小刻みにとる、首筋やワキに冷たいタオルをあてる、などをして、熱をうまく逃がしてあげるようにしましょう。