更年期には、ホットフラッシュ、のぼせから汗をかきやすくなります。
更年期の多汗、汗っかきの予防には制汗ではなく、できるだけ良い汗を出すようにしたいものです。

更年期にはちょっとしたことでも汗がでます

更年期の時期の発汗はイライラ、落ち込む、動揺する、といった精神的な症状やストレスから、ちょっとしたことでも汗が出ます。

更年期には主に上半身に汗をかきやすくなります

更年期になると、汗腺の機能だけではなく、体温調節機能が低下し、血流も悪くなるようになります。
そのために気温変化よりも下半身が冷えることに体が反応して上半身に汗をかきやすくなるのです。
一般的な多汗症は手足の汗・ワキの汗が多いようです。

更年期の時期の汗はじっとりベトっとしています

運動をしたときにかく汗は生理的な発汗なので、汗はサラリとしていて、さわやかな汗です。
しかし、更年期の汗はベトっとしていて、蒸発しづらく、においもします。
いわゆる「いやな汗」ですね。
そのため、汗を拭いてもすっきりとしない感じがします。

特徴的なのが、「寝汗」。
朝起きたときに、夏でもないのに、なんとなくじっとりとした汗をかいていることがあります。

男性に対して、よく「加齢臭」と使われますが、これは女性も同じで、更年期前後になると、寝汗の関係もあって、寝具などから特徴的な臭いがすることがあります。

汗の臭いは、外側から対策できるのは若いうちだけです。
更年期になってきたら、内側から汗の臭い対策を行うことは必要不可欠、といえるでしょう。

更年期に良い汗を出すには?

更年期の多汗予防 その1:適度な運動更年期の多汗予防 その1:適度な運動

ウォーキング更年期には肥満予防のためにも有酸素運動をしましょう。
ウォーキングやストレッチは汗も出ますし、手足の血行促進にも効果が期待できます。
血行をよくするために、手足の血流を良くするストレッチを行いましょう。

更年期の多汗予防 その2:入浴更年期の多汗予防 その2:入浴

半身浴更年期は体の疲れもなかなかとれなくなってくるもの。
ゆっくりと湯につかると疲れも取れると同時に汗っかきや多汗の予防にもなります。
また、入浴は血行促進にもなるため発汗をも促してくれます。

更年期の多汗予防 その3:食事(食生活)更年期の多汗予防 その3:食事(食生活)

正しい食生活更年期には、女性ホルモンが減少するため、女性ホルモンであるエストロゲン様作用の食べ物を食生活に積極的に取り入れましょう。
納豆など大豆製品は多汗予防効果が高いといわれています。

ビタミンEで血行促進し、エストロゲン様作用の食べ物を食事にとりいれましょう。
納豆は多汗の予防効果が大きいとされています。汗っかき・多汗で、皮脂腺ができにくく皮膚が乾燥しやすくなります。ポリフェノールは皮膚の乾燥を予防するとされています。

冷たい食事・飲物は血行を悪くして汗っかき・多汗を増幅しますので、控えましょう。(ビールと枝豆が更年期の汗っかき・多汗に効くとか。枝豆のイソフラボンとビールのイソフルロンに女性ホルモン様作用があるとか。ただ、飲み過ぎると体が冷えるので、ほどほどに。)

更年期の多汗対策 汗が出てきたときの対策

更年期には汗をかきやすくなるもの。
汗をかきはじめても恥ずかしいと感じないようにしましょう。

汗腺はストレスにも敏感です。
汗腺は自律神経がつかさどるためストレスを感じると
汗の量が増えます。

汗が出るような場面じゃないときに汗をかきはじめても慌てずにゆっくりと腹式呼吸をし、心の状態を整えましょう。

また、更年期の汗はじっとりとしているため、蒸発もしづらい汗です。
着脱のしやすい服装をし、重ね着をする、脱ぐなどの調節をしましょう。
衣服も汗を発散しやすい絹などを選ぶ、インナーにも吸汗性の綿素材などを選びましょう。
わきの汗にはパッドなどがおすすめですよ。

>>更年期障害の多汗・汗かきを改善する!最も効果的なサプリメント一覧はコチラ