冷え性の人はほとんどの人が自覚があることが多いのですが
更年期に入って自分が冷え性になった、という人も多いんです。
更年期だからイライラして当たり前と思っていませんか?
そのイライラは冷えから来ているものかもしれませんよ。
冷え性手足が冷える、なんとなく体がうすら寒い
夏のエアコンが苦手
冬は布団に入ってもいつまでも体があたたまらない
という自覚症状、ありませんか?

実は手足が冷えるだけではなく、便秘や下痢などお腹の調子が一定ではない人などは隠れた冷えが原因となっていることがあります。

その冷えは「イライラをひどく」していませんか?

更年期に起こるイライラ。もしかしてそのイライラは冷えから来ているものかもしれません。
冷え性ってそれだけ影響のあるものなのです。

冷え性の種類

冷え性=寒い・冷えるというイメージが固定化しているため
実は自分は冷え性なんだ、という自覚がない人もたくさんいるようです。
どんな症状が冷え性と言われるのかを紹介します。

これも実は冷え性

  • 血流が悪く全身が冷える⇒肩・首の凝りがあり、頭痛が起きやすいタイプ
  • 内臓が冷える⇒手足などのほてりに現れやすい。自覚症状がほとんどありません
  • 手足が冷える⇒夏のエアコン・冬場にすぐに手足から冷たくなるタイプ
  • 自律神経の不調から冷える⇒体も手足も冷えて自覚症状があるタイプ
  • 甲状腺機能の低下から冷える⇒体温自体が低い・太りやすい・便秘がち
  • 大まかに分けてもこれだけタイプの違いがあります。
    冷えているかだけではなく、お腹の調子や体全体の状態を一度振り返りチェックしてみましょう。

    冷え性から起こるイライラ

    体温は自律神経が主にコントロールしています。
    本来、昼間は交感神経が活発に働き
    夜になると副交感神経が働き、リラックスを促し、就寝
    と緊張と緩和のバランスを取るのが自律神経です。

    夏には汗をかいて体温を下げ、冬になると汗を控え体温を保持するのも
    自然な体の動きですよね。
    ですが、近年ではエアコンで季節ごとの気温をヒトが過ごしやすい気温にしてしまうため
    それが逆に体の機能の働きを低下させてしまいます。
    このような理由から身体がバランスを崩すのです。

    そのため、自律神経が上手にコントロールできず
    イライラとして気持ちに現れだすことが多くなってしまうのです。
    イライラすると周囲のいろいろなことが癇に障り、余計に神経がピリピリとしてしまいます。

    このように冷え性から起こるイライラは根本の冷え性を解決しないと
    悪循環に陥る可能性があります。

    冷え性の原因を自覚し、冷え性解決の対策を練りましょう

    表面的な冷えやのぼせというのは
    エアコンといった現実点での原因。
    ですから、暑くてもできるだけエアコンを使う時間を限らせる、温度を高めに設定する
    などで対策はできます。

    でも何が原因で身体を冷やしてしまうのか?と考えることが大切です。
    大きく分けると2点。
    1つは食生活。
    そして2つ目は運動です。

    food_hamburger現代はとっても便利なコンビニやファーストフード店などがあるので
    どうしても忙しいときには、手軽に食事を済ませてしまいがちです。
    ただ便利なのですが、その代わり
    栄養が十分に取れずに、それがイライラにつながることもわかってきています。

    朝食を抜く人も多く、本当は朝食は体を目覚めさせる意味合いからも摂ったほうがいいとされています。
    朝食を抜いても体は動くので悪いことと自覚せずに
    朝食を抜く生活が当たり前になってしまいます。
    すると、栄養不足を招き、体や神経のバランスを崩して
    冷え性を招くこともあるのです。
    ダイエットを繰り返している人に冷え性が多いのも、このような理由からです。

    逆に運動不足気味で普通の食事をしていると、脂肪が付き筋肉が作られません。
    筋肉の温度と脂肪の温度は差がとてもあり、脂肪は温度が上がらないため、太っていても内臓が
    冷えている場合もあります。
    低体温は癌になりやすい、と言われているため、甘くみては危険です。

    体温を上げる食べ物を上手に食事に取り入れる

    生姜体温を上げる食べ物といえば生姜。
    最近では、とても注目されていることから生姜系のポカポカ飲料も増えてきましたよね。
    生姜は皮に温めポイントがあるので、おろす時も皮をむかず、そのまま使いましょう。
    しぼり汁は飲み物やスープに入れてもおいしく飲めます。
    みじん切りや千切りなどはなべ物や魚・お肉の煮つけにもとても合いますよね。

    根菜は体を温める効果があるものが多いので、温野菜として食べると温め効果抜群です。
    葉物野菜は逆に体を冷やす効果があるため、サラダを食べたいな・・・というときは生姜ドレッシングをかけるなどの工夫をしてみましょう。

    また、白砂糖も体を冷やす効果が高いんです。
    温かいコーヒーや紅茶を飲んでも白砂糖を入れていると温め効果は半減。
    体温を上げるのであれば甜菜糖(てんさいとう)を使うとよいですよ。

    適度な運動を意識して行う

    更年期には、食生活と運動のチェックは欠かせません。
    運動は適度でよいので、毎日少しずつ軽い運動を繰り返すことが効果的。
    無理のない範囲でよいですから、少しずつ行いましょう。

    ウォーキング買い物時に自転車や車を使っているのであれば徒歩で行く
    通勤も一駅分は手前で降りて歩く
    テレビの体操番組に合わせて体操をする

    など、できる範囲で毎日ちょっとずつ行ってみましょう。

    体が冷えるとイライラがひどくなる 冷えの怖さと対策まとめ

    更年期Q&A冷えとイライラは体がバランスを失っているサイン。
    冷えとイライラを解消するためには自分の体と生活を見直し調整してあげることが一番です。
    きちんとした食生活・適度な運動を心がけ、体を芯から温めてあげてくださいね。