女性は男性と比較して血圧が引くい、と言われているものの
それは40代まで。
50代に入ると、女性も血圧は急に上昇をし始め60歳を越えると男性と変わらないくらいになります。
高血圧はいろいろな生活習慣病の元となるもの。
閉経以降気を付けておきたい高血圧の予防方法についてご紹介します。

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s

閉経以降に高血圧が増える理由

女性の高血圧は女性ホルモンと非常に大きく関係しています。
更年期を迎える40代後半くらいから女性ホルモンは減少し始めます。
この女性ホルモンの減少は高血圧をも招く原因なのです。

血管内には血管平滑筋という筋肉組織があります。
この筋肉組織は血管の伸縮を調整しているもので、女性ホルモンの指示によって、常にゆるくなった状態でいることを保つように働いています。
更年期以前の女性は男性と比較して血圧が低いのは、血管に対する女性ホルモンの働きによるものです。
しかし更年期を迎え、女性ホルモンの分泌量が減少し始めると血管平滑筋が収縮したまま硬くなってしまい血管の柔軟性が保たれなくなるため、高血圧になる人が急激に増えます。

さらに女性ホルモンは肝臓でLDLコレステロールを下げるよう働いています。
この働きによって血液中に流れ出す悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化を起こりにくくすることで血圧を正常な状態に保たれているのです。

そのため、女性ホルモンが減少すればLDLコレステロールが増加、動脈硬化を進行させ高血圧になる人が増えるのです。

50代女性に圧倒的に発症率が高いといわれる くも膜下出血も高血圧が引き金になって起こるものです。
命に関わる大変危険なものですから、更年期以降は高血圧を予防することがとても重要なものとなります。

更年期以降の女性が高血圧を予防するためには

まずはやめておきたいのが「過信」です。

「自分は大丈夫」という過信は大病を招きます。
今まで血圧は高くなかったし、食生活も大丈夫。と思っていても
前述したように女性ホルモンの減少が影響して高血圧を発症するリスクが高くなるので
閉経以降は高血圧には気を付けなければならない、ということを理解しておきましょう。

できれば血圧計が家庭に1つあるといいですね。

もし高血圧になっていたら、なってしまったら、放置しないことが重要です。
高血圧は疲労感やめまい、動悸、ホットフラッシュの原因にもなります。
こういった症状は更年期だから~と思い込んでいることも危険です。
そんなときに血圧計があるとすぐに血圧を計測できますから便利ですし、健康管理になります。

更年期のイライラも高血圧の原因

更年期の症状としてイライラというものもあげられます。
このイライラは更年期による自律神経の乱れから起こるのですが、それが原因から高血圧を引き起こすことも少なくありません。

イライラを回避する、予防するためにはリラックスできる環境作り、時間作りが必要です。
またイライラを解消できる趣味を見つけておくことも大切。
旅行や食事、新しい趣味を見つけることでも良いと思います。

細菌は中高年を対象にしたスポーツやレクリエーションの活動の場も増えています。
積極的に参加してみましょう。

高血圧を予防する納豆を食べましょう

更年期以前に高血圧を予防する働きをしてくれていたのは女性ホルモンであるエストロゲンの働きです。
エストロゲンが不足することで高血圧になる一因もあるため
エストロゲンを補給することで高血圧の予防をすることができます。

ホルモン補充療法も可能ですが、ホルモン補充療法を受けるためには
婦人科でホルモン補充療法をしなければならないほど更年期の症状がひどいということがないと、受けることができない可能性もあります。
その辺は婦人科医師に判断によるため、医師と十分に相談してください。

普段から高血圧をエストロゲンを補充してあげることで予防するのであれば
まずはオススメしたい食材は大豆製品です。
大豆にはイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲン様作用があることは有名ですよね。
大豆イソフラボンを摂ることで血管を柔らかくしたり、コレステロールの排出を抑制するため
高血圧予防につながります。

良く眠ることも高血圧を予防する

睡眠不足や熟睡感がないという睡眠のトラブルも血圧を上げる大きな要因になります。

睡眠が血圧と関係が大きいことは不思議かもしれませんが、睡眠には自立神経が関わっているので、睡眠をしっかりとることは血圧の上昇を抑える効果につながります。ゆっくり眠ることで、交感神経を和らげることができ、血圧を下げる働きを強くすることができます。

50代は女性の体調が大きく変わる節目の世代だと思います。血圧の管理には、より一層の注意を払い、高血圧を予防していきましょう。