更年期には頭痛に悩まされる方が非常に多く、頭痛は更年期障害の症状の中でも典型的といえるでしょう。

更年期の頭痛の原因は卵巣機能の低下によるエストロゲンの分泌量が減少してしまうためです、そのほかにも頭痛の原因はさまざまです。

頭痛とストレス

MH900430489更年期に頭痛の大きな原因となるのがストレスです。

更年期を迎える50歳前後は何かとストレスの溜りやすい環境にあることがおおく、家庭環境や経済状況の悩み、子供の進学など、悩みを抱えやすい時期でもあります。

そのストレスフルな環境+ストレスを解消できるような趣味がないと、更年期障害が加わることで、さらに頭痛の症状がひどくなってしまうことが多いようです。

ストレスは交感神経に大きく影響をもたらすもので、
ストレスが蓄積すると、血管が収縮し、頭部に十分な血液が行き渡らなくなります。
その結果、頭痛の症状が悪化するわけです。

このように、ストレスは頭痛の原因になるほか、症状の悪化を促してしまいます。
更年期障害と向き合う際にはストレスを蓄積させることなく、適度に解消できるような環境を用意することが大切です。

そのためには、まずは家庭環境の問題の解決が必要になります。
特に更年期障害の苦しみを家族に理解してもらうこと。

(この理解を求めることが結構難しいんですが・・・)
更年期はイライラしたり怒りっぽくなってしまうため、家族から孤立してしまうことも少なくないのです。
そのことが頭痛の種になってしまうこともあり、悪循環になりますよね。
どうしてもという場合には、医師の診察やカウンセリングも必要になるかもしれません。