女性ホルモンであるエストロゲンは肝臓でLDLコレステロール(肝臓のコレステロールを体の隅々まで運んでしまう悪玉コレステロール)の代謝に大きく関与しています。

更年期をむかえると、エストロゲンの分泌が減少します。
すると、血清コレステロールの濃度が高くなってしまいます。

スポンサード リンク

食べ物の好みを変化し、お肉よりもお魚に。
揚げ物などはなかなか食べられなくなるのが通常ですが、これは自然なことです。

更年期以降は食品の中のコレステロールを気にするよりも、脂肪・脂肪酸の種類に気をつけましょう。
バターよりもオリーブ油やごま油を使いましょう。
魚の脂肪酸は、血中コレステロールを低下させる働きがあります。
関節痛や間節硬直の改善にも関与しているといわれています。