眼球の中には、水晶体、という透明なレンズがあります。
これが濁ることが白内障です。

多くの場合、老化現象ですが、中には眼の中の炎症・他の病気・外傷などに伴い生じることがあります。
60歳を超えると約90%の人に濁りがみられるようになります。

見づらさには個人差があり、視力を回復させるためには手術による治療しかありません。
が、成功率は高いため、日常生活に不便を感じるようであれば眼科の受診をおすすめします。
私の母も60代で白内障になり、手術をし、レンズを入れてもらいました。

スポンサード リンク

緑内障

眼球も代謝をします。
正常な代謝を維持するために、一定の固さ(眼圧)を保っていますが
眼球内の水(房水)と生産と排出のバランスが崩れたりうまくいかなくなると、この
房水が眼にたまり眼球が固くなり、眼圧が高くなります。

緑内障はこの眼圧が高くなることで視神経が冒され、視野が狭くなる・欠けるといったような症状の出る病気です。

自覚症状はないことも多く、眼圧が正常範囲内でも緑内障が起こることがあるため、眼科の定期検診は受診しておくべきでしょう。