更年期以降、肌の潤いもどんどんと減っていってしまって
なんだか、、私、、、このままカサカサになっちゃうのかな・・・
なんてへこんでいませんか?

肌トラブルというと、つい、表面ケアを重視してしまいますが
実は、体内トラブルも原因の1つなのです。

手足や体にかゆみが出てきた‥かゆい・かゆみの症状は更年期障害?

更年期,肌の乾燥,かゆみ
肌の乾燥、かゆみは更年期だけが原因ではなく
過度なダイエットや、血行不良、冷えなどが原因で起こっていることもあります。

更年期の世代は、まず体内トラブルを解消すること。
体の内側から全身を健康にしていくことも大切です。
アトピー性皮膚炎でも単なる肌荒れによるものでもありません。
肌の乾燥やかゆみも更年期の年齢の女性なら起きてもおかしくない更年期障害の症状なのです。
お肌のかゆみと更年期障害の症状の関係性についてポイントを抑えておきましょう。

更年期の肌のかゆみの原因

更年期障害の症状の【ドライ症状】は肌の乾燥も含まれます。
肌が乾燥するとかゆくなる原因は更年期であれば、ズバリ【エストロゲンの減少】が原因です。

エストロゲンにはコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の合成を促進する作用があるので、減少すればこの作用も機能低下してしまいます。
コラーゲンやエラスチンが減少すると肌弾力がなくなり、ヒアルロン酸の減少から肌のうるおい成分も少なくなってしまいます。
角質層にある脂成分【セラミド】も減少するため、皮脂や水分が減少し、肌がかさつくように。
ちょっとした刺激でも痒みを感じるようになってしまうのです。

どのような時にかゆみが出てしまうのか?

汗をかいたとき、下着で肌がこすれたとき、眠るときに身体が温まっているとき、などがあります。
私の場合はお風呂で温まると肌が痒くなることが多いんですよね。
空気が乾燥する冬場はかゆみがひどくなります。

かゆみがあるときはできるだけ、ですが冷やすと良いようですよ。

かゆみを抑えるためのポイント

肌乾燥を予防するためには入浴時には強い石鹸で洗いすぎないこと。
皮脂の汚れはお湯につかるだけでも落ちるので、ゴシゴシ強く洗って必要な皮脂まで洗い落とさないようにしましょう。
熱いお湯は乾燥の元。
(熱いお湯に食器を浸して取り出すとすぐに水分が飛ぶのと同じです)
ぬるま湯で洗い流し、水分をやさしく拭き取ったあとは、すぐに保湿成分のある化粧水などを使い、肌を乾燥から守りましょう。
また、下着などの素材も綿等の天然素材のもので作られているものを選び、出来れば化繊などを避けるようにしましょう。
化繊は、皮膚の皮脂を奪いやすいため、肌が乾燥してかゆみを生じさせてしまうことがあります。

はちみつ風呂のススメ

全身のカサカサ。
冬になると、とっても気になりますよね。
カサカサだけではなく、かゆみも出てくるから、ついかきむしってしまったりすると
肌のダメージは最悪に。

そんなときにははちみつを大さじ1杯、バスタブにはったお湯の中にいれて
入ってみましょう。
はちみつには殺菌効果もありますし、肌荒れをやさしく鎮め、
肌の潤いをたかめます。

肌のかゆみを抑える食べ物を食べましょう

緑豆には体の熱をとり、炎症をかゆみを抑える作用があります。
緑豆から発芽したもやしや緑豆が原料の春雨にも似た作用があるので
もやしと春雨のサラダなどいかがでしょうか。

白きくらげには肌を潤して老化を防ぎ、乾燥によるかゆみを緩和
する作用が。
また、オクラや山芋などのねばねば食品は肌にうるおいを与えます。

内臓を元気にし、丈夫な肌を作る食べ物

内臓や肌を保護し、身体にうるおいを与える作用があるのが
バナナ。
くるみや黒ゴマやごま油には内臓の働きを補い、肌のバリア機能を高める作用があります。

まずは内臓から元気アップして 肌の老化による乾燥・かゆみを抑えましょう。