更年期は女性ホルモンである
エストロゲンの分泌減少から、目に潤いをもたらす
水分も大きく減少します。
でも、女性にとっては目が命。
アイメイクに力を入れたり、黒目を大きく見せるために
カラコンしたり、目元のたるみやくすみだって、
とっても気になるものですよね。

現代はパソコンやスマートフォンの普及によって、長時間のパソコンでの作業や、
小さい文字のスマホの文字、本を読み、テレビを見て・・・
と寝ている以外ずっと使われている目。

更年期に増えるドライアイ

ドライアイそのため目は酷使されています。近年、ドライアイの女性が増えているのはこのような理由があります。

また、更年期の女性は上にも書いたように、目に潤いをもたらす女性ホルモンの減少から、さらに目が乾燥する傾向が高まります。
少しでもドライアイが改善できるようなアイトレーニングの方法をご紹介します。

潤いのある瞳になるアイトレーニング方法

目を開いたまま、眉毛をゆっくりあげていきます。
これを約5秒間かけて行います。
     ↓
次に眉はあげたままの状態からゆっくりと上まぶたを下げます。
これも約5秒間かけて行ってください。
     ↓
薄目を開けた状態にし、そのまま5秒間キープします。
     ↓
ゆっくりと目をもとに戻して終わります。

このアイトレーニングを3回くらい繰り返しましょう。
とても簡単ですから、毎日、合間を見つけて継続していきましょう。

眼精疲労を解消。目の潤いを保つためのアイトレーニング方法

ドライアイ毎日、目を酷使すると、ドライアイになってしまいます。
長時間、一点を見つめているとヒトはまばたきの回数が減ります。
まばたきの回数が減ると涙の分泌量が減少し、目が乾いてしまいます。

また、目の乾燥は眼精疲労からの頭痛や肩こりなどをも引き起こす原因となります。
意識的にまばたきの回数を増やし、涙腺を刺激しましょう。

パソコン作業は1時間続けたら、10~15分間休憩するように心がけましょう。

アイトレーニング目元を温めるコトがポイント

ホットアイマスクが昨今、売れています。
これは目の周りの血行を良くするためには抜群です。
ホットタオルでもよいですから、目の周りの血行を良くしてからアイトレーニングを行いましょう。

ホットタオルは同時に首筋も温めると、より血のめぐりが良くなります。
血の巡りの悪くなる更年期にはもってこいの方法です。

目の血行を良くしたら、1分間ほどゆっくりとまばたきを繰り返しましょう。
この時にまばたきを早くしてしまうと、目が逆に疲れてしまいます。
ゆっくりと行い目をぎゅっと閉じてあげることが休ませるポイント。

このアイトレーニングは、涙腺に即効果を与えてくれますよ。

アイトレーニングの注意点

・コンタクトレンズを使用している方は必ず外してから行いましょう。
・まばたきを素早く行うと目が逆に疲れて逆効果です。
・ホットタオルを作る際にはエッセンシャルオイルなどを垂らすとリラックス効果があります。

更年期のドライアイは、通常のドライアイに、原因となる点がさらに
「エストロゲンの減少による潤い不足」というものが追加されます。

ですから、非常にドライアイになりやすいのです。
日頃からアイトレーニングをして、ドライアイを予防したいものですね。