コーヒー好きな方は多いですよね。
私もコーヒー大好きです。

ところが、そんなコーヒーと更年期の関係をアメリカの病院での研究で意外なことがわかりました。

カフェインと更年期の関係

米国のメイヨークリニックの研究者らは、7月22日、更年期障害とカフェイン摂取に関する調査結果を発表した。
メイヨークリニックとは、世界中から研究者や患者が集まる、米国でも屈指の病院。

この調査では、2005年7月25日~2011年7月25日のあいだに、更年期症状を訴えてメイヨークリニックを受診した閉経期の女性2,507人を対象に行ったアンケートのうち、有効であった1,806人の回答から、コーヒーなどでカフェインを摂取している人と、そうでない人とが比較された。

その結果、カフェインの摂取が、ほてりや寝汗といった血管運動症状と相関することが認められた。

米国では、およそ85%の人たちが毎日カフェインを含む飲み物を口にしているといわれる。ほてりや寝汗といった血管運動症状は、更年期に共通してみられる症状で、閉経期の女性の79%、閉経後の女性の65%にみられる。

研究者らは、カフェイン摂取の抑制が、更年期症状を緩和する可能性があるとしている。
ただし、カフェインだけでなく、スパイシーな食べ物や熱い飲み物、アルコールやたばこの摂取を控えるとともに、生活スタイルも見直すよう提案している。

コーヒーに限らず、紅茶、ウーロン茶、緑茶などにはカフェインが含まれていますから、コーヒーだけが悪者、というわけではありません。
アメリカの場合は紅茶、コーヒーは飲む方は多いでしょう。
逆に緑茶やウーロン茶を飲む方はさほど多くないことを考えると、カフェインの飲み物=コーヒーということで研究されたのかな・・・
とも思います。

いずれにせよ、摂り過ぎは何に関してもよくありませんから、摂り過ぎに気を付け、自分の体と相談しながら飲むことが嗜好品のよい摂り方ではないかなと思います。

ノンカフェインコーヒーはスーパーなどではあまり見かけないのですが、
ネットで探すのであれば↓のノンカフェインコーヒーはオススメです。

母乳育児の方用にできていますから、信頼度も高いのではないでしょうか。
またお子様でも飲める味になっていますので、誰でも喜ばれるかと思います。

コーヒーは好きだけど、更年期の症状がひどくなるのはいやだ・・・という方におすすめです。

ノンカフェインのたんぽぽコーヒー「ぽぽたん」



>>更年期の不快な症状を改善する 更年期サプリメント一覧はこちら