閉経は女性の体にとても大きな変化をもたらします。
実際、閉経する4,5年前から身体の変化は始まっています。
日本人の平均閉経年齢は50歳と言われていますから、閉経の4,5年前から
更年期】が始まります。

女性ホルモンの分泌の減少もそれくらいの年齢から始まるのですが、
ホルモンの分泌をするのは卵巣。
その卵巣、実は35歳前後から徐々に老化しはじめているのです。

なるほど、、、35歳以上の年齢になると妊娠が難しい、というのはこのようなことからなんですよね。
では、卵巣の老化はどんなことを招くのでしょうか?

bef502d97bca77abb1cfae9fb32104d5_s

卵巣の老化が始まると、どんなことが起こる?

初潮を迎え、徐々に女性の体は子供を胎内に迎えるため、そして育むために数年で成熟した体に変化していきます。

同じように卵巣機能も子供を産み終えるくらいの年齢から
徐々に始まり更年期も始まるのです。

閉経年齢は平均50歳とはいうものの個人差もあるため、卵巣が衰え始める時期も人によって差がありますが、30代後半には卵巣機能が衰え始めることは知っておいたほうがよいですね。

これがいわゆる【プレ更年期】です。
卵巣機能が衰えると、女性ホルモンの分泌機能が低下します。
すると、、、自律神経の乱れをも招きます。

そして女性ホルモンの分泌が急激に減少しはじめる40代後半になると、更年期障害の症状が顕著に心身に現れるようになるのです。

更年期障害として現れる症状で特に多いといわれるのが【ほてり・のぼせ・突然の発汗
今まで何ともなかったのに、階段を上がると動悸がしたり、汗が出ると止まらないような症状がでやすくなってきます。

次に、PMS。
私もそうだったんですが、それまで月経前症候群というと頭痛程度しか出なかったのに、30代半ば以降、特に40代に入ってからはPMSがひどくなりました。
イライラや落ち込み。それと全身の倦怠感です。
ひどいときには全身が関節痛に襲われるので、生理痛よりもPMSのほうが恐ろしくてたまらないほど。
これも卵巣の変化が始まっているからこそ起こるもの。
「まだ更年期の年齢じゃないし」と思っていても、このような症状が出る方は、更年期障害の対策が必要です。

プレ更年期のうちから予防したい生活習慣病

更年期の症状だけを気を付ければいいと思っている方、結構多いんですよね。
でも、更年期は心身に様々な影響を与えるため、
更年期が過ぎても健康面はそのまま更年期に起きた様々なものを引きずる傾向が強いんですね。

また更年期が過ぎてから、体にいろいろ出てくる方も少なくありません。
そう、気を付けたいのは生活習慣病です。
生活習慣病は高血圧、脳卒中、心臓病、糖尿病など。

女性は男性と比較して生活習慣病にはかかりにくいのですが
それも女性ホルモンが女性の体を守っていてくれたからこそ、なんです。
女性ホルモンの分泌量の減少が始まると、このありがたいメリットが低下し始め、閉経すると、男性と全く同じ条件下となってしまうんです。

生活習慣病は名前の通り。
普段の食生活、運動習慣などが原因から起こる病気。
30代になり、今までのような不規則な生活をしていると
生活習慣病にかかりやすくなってしまいます。

まずは!
30代後半からはすでに体が変化し始めていることを自覚すること。
そして更年期に備える行動を起こすことが必要です。
生活習慣病からご自身を守り、更年期障害を重くしないために、できるだけ早いうちから、対策を練るのが得策です。

プレ更年期?早発卵巣不全?

卵巣機能は加齢とともに衰えるものなのですが
あまりにも早いうちから機能低下する場合には
加齢によるものではなく
早発卵巣不全】という病気の可能性があります。

早発卵巣不全になると43歳未満で閉経してしまう「早発閉経」になってしまう場合があります。
早発卵巣不全の原因は、実は現代医学でもまだ解明されていません。
遺伝が原因、と思われる染色体異常や自己免疫に問題がある
など様々な要因が考えられていますが、この場合には必ずしも卵巣が完全に能力を失っているわけではないこともあります。

早期治療を行えば卵巣内の卵胞が排卵を再開することがあります。
20代や30代で卵巣機能が低下する場合には、まずは病院で検査をしてみましょう。
卵巣内に卵胞が存在しているかどうか、は内診や血液検査などから確認します。

早期卵巣不全で、まだ卵胞が存在している場合は、HRT治療などの治療を行うのが一般的です。自覚症状として現れるのは、月経の乱れです。月経がなくなったり、月経が頻発している場合は、まず婦人科の検査を受けるのが得策です。