c145b282d1b6054942895057a5d2ef27_s
更年期にさしかかると、女性ホルモンの影響と加齢による影響から
体には様々な変化が起こってきます。

自分でもそれを感じることも多くなってきて「あー、、、年取ったな・・・」と感じる瞬間でもありますよね。
それだけに健康面にも更年期以降は注意が必要になってきます。

女性とコレステロールの関係

更年期以降はコレステロールにも注意が必要になってきます。
今まで気にしたことのなかったコレステロール

実は男性と女性を比べた時に、女性の方がコレステロール値が高くなることも確認されているのです。

女性ホルモンには様々な働きをして私達女性の体をサポートしてきてくれました。
しかし、ここでも問題になるのが女性ホルモンの減少です。
女性ホルモンはコレステロールをコントロールする作用があるため、女性ホルモンが減少すれば、コレステロールをコントロールする働きも低下してしまうのです。
これも男性と比べ、女性の方がコレステロール値が高くなる原因の1つ。

コレステロールにも種類があります

画像のたらこ。たらこはコレステロール値が高い食べ物です。

コレステロールと聞くと心臓病、動脈硬化といったイメージがありますが
コレステロールには悪玉コレステロール善玉コレステロールの違いがあります。

悪玉コレステロールは減らし善玉コレステロールは増やす。
これが重要なんですね。

更年期以降は太りやすく、痩せにくくなるため、ダイエットとして脂っぽいものを食事から制限することもありますよね。
しかし、適度なコレステロールも体には必要なため、極端に減らし過ぎてしまっても問題になってしまいます。
更年期以降は徐々にコレステロール値は高くなります。
が、減らし過ぎも問題で、善玉コレステロールを増やすとなれば、どのようにしていけばいいんでしょうか。

コレステロールと上手に付き合っていこう!

コレステロールとは上手に付き合うことが大切。
悪玉コレステロールがあっても善玉コレステロールを増やせれば、病気予防にもなるのです。

善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすには有酸素運動が一番。
1日20分を目安にウォーキングをすることが一番です。

食生活からコレステロールをコントロールをする場合には
動物性コレステロールよりも、植物性コレステロールの方が体に良く、善玉コレステロールを増やすことができます。
ナッツ類には植物性コレステロールが豊富なので、朝のヨーグルトやサラダなどにナッツを混ぜいれて。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸はコレステロールを下げることで有名ではあるものの、摂り過ぎはNG。
コレステロールのコントロール作用はありますが、どんなものでも摂り過ぎると別の問題が出てきてしまいますよね。
オリーブオイルは1日大匙1杯程度にしましょう。

また、食物繊維はコレステロールの吸収と排出 両方の作用があるため
野菜やきのこに含まれる水溶性食物繊維を積極的に摂りいれましょう。

更年期に減少する女性ホルモンの低下は、ホルモン剤を使うほど、更年期の症状がひどくない方は、大豆サプリメントエクオールなどで女性ホルモンの補助サポートを行うとよいですよ。

青魚のDHAやEPAは血をサラサラにすることでも良く知られています。
これらは血中コレステロールを下げる作用もあるため、お肉より青魚を積極的に摂りましょう。

ヘルシーな食生活を心がける

このように見てゆくと、更年期以降はどうしてもヘルシーな食事を心がけることが必要となることがわかります。
更年期以降は女性ホルモンの減少が原因でコレステロールが高くなる傾向があるため、20分以上の有酸素運動を意識して行い、コレステロールと上手に付き合うことを意識したいものですね。